京都・イケズの正体 (幻冬舎新書)

著者 :
  • 幻冬舎
2.50
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 21
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (236ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344984745

作品紹介・あらすじ

イケズ-京都人は排他的で底意地が悪く、何を考えてるかわからないという。腹の底で何を考えているかわからないのは誰でも同じなのに、なぜ京都人だけがそう揶揄されるのか。京都は盆地に作られた閉鎖的な町だ。そこで発生し、時間の淘汰と外圧に耐えた独自の文化を、京都の人々は確かな目利きで守り継いできた。その温かくも厳しい目こそ、今なお京文化を育む力であり、よそ者に憧れと劣等感をも抱かせるイケズの根源なのだ。千二百年の伝統「イケズ」の正体を解き明かすと、均一化して活力を失った現代日本再生の鍵までもが見えてきた!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 東2法経図・開架 B1/11/473/K

  • イケズの正体というものの、イケズの正体がなんなのかについてはか記されていない。
    京都人の考え方の根っこは何か、をよそさんなりに分析しようとした結果なんだろうけど、出てくる話の殆どが自分なの知り合いや行きつけの店がいかに優れているかを大げさに記してあり、後半に行くほどその傾向が強まる。

全2件中 1 - 2件を表示

京都・イケズの正体 (幻冬舎新書)のその他の作品

石川拓治の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
辻村 深月
石原 慎太郎
池井戸 潤
恩田 陸
米澤 穂信
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする