考えるとはどういうことか 0歳から100歳までの哲学入門 (幻冬舎新書)

著者 :
  • 幻冬舎
3.65
  • (11)
  • (18)
  • (16)
  • (5)
  • (1)
本棚登録 : 397
レビュー : 35
  • Amazon.co.jp ・本 (262ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344985148

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ひさしぶりに定期的に再読したい本に出会った。
    「考えること」の大切さを感じる、思い出す一冊。
    堅苦しい知識としての「哲学」ではなく、『哲学する = 問い、考え、語り、聞く』ことで自由に生きることができる、と。
    そのための手法としての『哲学対話』。問いを自分たちでつくり、答えを求めず自由に対話する。いいなぁ。やってみたい。

  • 考えることでいろいろなしがらみから解放され自由になるよ。自由になるために考えよう。一人だとむずかしいから、みんなでやろうね→対話哲学
    哲学とは、というより、身の回りのあらゆる事象に問いを立て続けて、それをシェアしていこうぜ、という思考術的な本。

  • 幼稚園児ノ子どもとの会話に役立つことがあるのではないかと興味を持ち購入。
    哲学対話が、他のディベートや哲学等とどう違うのか、その違いを説明するために、筆者が、考えていることを全部文字にしたいという感じで、少々回りくどく、わかりずらい部分があった。つまりどういうことなのだろう?という問いがずっと頭の中に浮かびながら、読み進めることになった。最後まで読まないと、筆者のことを誤解するんじゃないか?という気持ちが常にあった。スパッと、もっと削ぎ落とした文章にすることもできたろうにと感じた。

  •  考える事について、どのように(how to)するかがテーマの本。

     本書においては、その手段として哲学対話をツールとして挙げている。

     普段している挨拶・信号を交換する会話ではなく、考える為・事象を突き詰めていく為の対話、との事。

     プラトンの対話や、孔子の問答の系譜に属するのかもしれない。

  • 「哲学対話」がどういうものかを紹介した本。
    哲学対話とはみんなで「問い、考え、語り、聞くこと」。
    自分だけで考えるのではなくて、哲学対話をすることによって、「答えが出なくても、恐れや怒りや苦しみ、不満や不安からみを引き離すことができる」。

    よく喋る人が人の話をじっくり聞くようになるとか、なんか浮いたような感じになるとか、「そんなことあるかなぁ」と思うようなことも書いてあって、体験してみたくなった。
    考えることを楽しむことって面白そうと思った。

  • 考えるための場としての哲学対話。

    対話は輪になって椅子だけで行う。机は会話の壁。受け身になる。
    きれいな円をつくる。間隔はできるだけ詰める。
    4~5人だと反対意見を言いにくい場合がある。
    10~15人程度が意見を言いやすい。
    相手に否定的なことは言わない。黙っていてもいい。
    知識ではなく、自分の経験に即して話す、を制限にする。

    他者は自由の障害ではなく、自由の前提。他者がいるからこそ個人の自由が可能になる。

    自分のための哲学に徹する。
    問うことではじめて考えられる。問いを展開する。
    問いは疑問形で。機械的に問いの形にする。
    抽象的な問いは具体的な問いにする。大きな問いは思考停止ににある。
    他者に言葉に出して語ること。語ってから考える。

    コミュニティーボールを持った人が話す。勝手な発言ができない。誰が話しているかわかる。

  • この本を読んで思うに、考えることは普段からできていると思う。
    ただ、対話は難しい。
    わからないから質問しても、帰ってこないからだ。
    本筋とずれていると、そんなの関係ないとか、わからないとか。
    この本に出てくる哲学対話も自分の性格だと結構つらいかも。

  • 道徳はもちろん、社会科の単元の導入ー学習問題づくりーなどでも使えそうなかな。

    対話の良し悪しを求めるばかりに、教師が介入度を高め、ファシリテーター然とすることで参加者が消費者化するなど、ドキリとする記述あり。

    問い、考え、語り、聞くことの自由度をあげつつ、それを内容の哲学性のアップにいかにつなげるか、という思考自体がよくないのか、など、いろいろ考えさせられる。

    なかなか現場では評価されない価値だろうけど、とても大切だとおもう。というか、こういうところで考えられなきゃダメなんじゃないか!

    と自戒をこめて。

  • 2019年6月23日 78冊目(6-8)

    哲学…?

  • 借りたもの。
    哲学対話についての本。
    議論されている内容よりも、その行為が哲学だった。

    ヨースタイン・ゴルデル『ソフィーの世界 哲学者からの不思議な手紙』( https://booklog.jp/item/1/4140802235 )のような特定の思想の話や哲学の歴史ではない。
    疑問を持ち、それについて議論することが目的。
    答えを見出だすことを目的としない。
    プラトンが対話を推奨したことを思い出す。
    数千年の時を経て、その真価が極東の島国に共有された模様。

    グループセッションはディベートとは違うようだ。
    北川達夫『図解 フィンランド・メソッド入門』( https://booklog.jp/item/1/4766783476 )に近い。
    グローバル社会で求められる「ミクシ?(何故?)」という問い。
    しかし、意見の是非を問うわけでも、中庸な解を導き出すのではない。
    否定的ではダメ。人格否定は本末転倒。

    この本の“考える”とはどうゆうことか?
    マリリン・バーンズ『考える練習をしよう』( https://booklog.jp/item/1/4794919514 )が個人の内省になってしまうことに対し、対話という外に向かって発信することだった。
    あくまでも議論をする――自分の意見を発信し、相手の意見に耳を傾ける――ことが目的。
    それも対等に、相手に伝わるように。
    それはまるで傾聴のようにも思える。

    随所に日本の教育の問題点――というより、今までが詰め込み知識が前提で、応用が効かない勉強法だった――を指摘し、そもそも“考える”教育を怠っていたことを言及する。

    後半は哲学対話の部ループセッションの方法論。

  • 稚拙でもいいから問をたてるというところからはじめたい。やがて問が深まっていくのだろう。

  • 正直言って哲学の領域は自分の弱い領域と再認識した。話し合う時の注意事項など理解できる部分は多数あったが、いまいちピンとこなかった。 もう少し哲学を勉強してから再読してみたい。

  • 哲学するのに本一冊分の縛りをつけてこれで本当に哲学と呼べるのだろうかと率直に思った・・・。

  • 考えることが何なのかというより、むしろ考えるのに適した方法、「哲学対話」を説明した本。

    <メモ>
    問い、考え、語ること
    自己との対話
    いろんな人と対話

  • やはり私には無理だった(泣)
    考えることを放棄している私の脳には何も響かず、ただ文字の上っ面だけを視線がスルスル滑っていくだけ。
    評価が低いのは読者の私に問題があるためです。

  • 世の中には「自分で考えろ」という主張が多いが、じゃあどうやって?という続きがない場合が多い。
    本書は哲学対話という切り口から「考える」とはどういうことかを本質的に、わかりやすく記した本。

    自由と責任という観点は、自己責任を求めすぎることなく、自由と思考をうまく結び付けてくれる。「自由と責任を一緒に取り戻す」「自分自身の人生を生きる」という言葉はとても共感できるし、納得できる。
    また、他者との関わりがあるからこそ、個人の自由が可能になるというとらえ方は、他者と生きていくうえでの希望を与えてくれる。

    考えることがなぜ有用なのか、危機感で迫るでもなく、ビジネススキル的に捉えるでもなく、自分で人生を生きていくために、そして他者と生きていくためにいいことなんだよと教えてくれている。

    「他者を意識しない思考は、いつもの自分自身の枠の中にとどまり、自らと向き合い、顧みることがない」の言葉は逆説的で、はっとさせれる。
    他者を意識するからこそ、他者に語り掛けるからこそ、自分と向き合える。

  • 哲学の内容ではなく、哲学的対話の効用やどうやって
    実施するかのノウハウ本のような感じです。
    哲学的対話というのは、参加してみたいとは思いますが
    やはり、ちょっとおっくうかなと思います。
    あまり心が動かされることはなかったかと思いました。
    残念ながら

  • タイトルとはあまり関係のない哲学対話(P4C)の解説書。しかし滅法面白かった。
    まず「哲学者としてのひねくれっぷり」が痛快だ。「数学なんて何の役に立つの」とはよく言われることがあるが「哲学なんて何の役に立つの」とは言われもしないようだ。
    学校教育への批判も痛烈でかつ鋭い。その通り。「よく考えなさい」とは「何といったら私が喜ぶか考えなさい」という意味に過ぎない。自由に考える練習なんてほとんど教育課程の中ではなされないのだ。

  • 哲学者による著作で「0歳から100歳までの哲学入門」という副題だが、哲学的対話を実践することをススメている本。「考えるとはどういうことか」の問いかけも、哲学や思考そのものの意味(答え)ではなく、考えるという活動の意味や方法を問うもの。
    自由かつ自己責任の、しかも多様性をもった人々との対話がいかに視野を開き、問い思索するという哲学的行為に結びつく可能性を秘めてるのかが熱く語られている。
    周囲の空気を読み、期待されるものに沿って発言する、あるいは黙るというコミュニケーションとは真逆の行動なり意識なりの方向性はとても魅力的だ。
    対話というシチュエーションを超えて、相手を否定することなく、常識や権威に囚われるだけではない柔軟な自己思考を大切にしたいと感じた。
    19-28

  • 2019.3.4

全35件中 1 - 20件を表示

考えるとはどういうことか 0歳から100歳までの哲学入門 (幻冬舎新書)のその他の作品

梶谷真司の作品

考えるとはどういうことか 0歳から100歳までの哲学入門 (幻冬舎新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする