怖い短歌 (幻冬舎新書)

著者 :
  • 幻冬舎
3.64
  • (4)
  • (9)
  • (11)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 114
感想 : 17
  • Amazon.co.jp ・本 (213ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344985278

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • やさしくて怖い人ってあるでしょうたとえば無人改札機みたいな
     杉崎恒夫

     ホラー小説や時代小説を手掛け、俳人でもある倉阪鬼一郎。数年前の著書「怖い俳句」(幻冬舎新書)に続けて、この度「怖い短歌」が刊行された。「怖い」の定義もさまざまだが、恐怖感、死の暗示、奇想、日常にひそむ狂気など、9つのテーマにそった短歌アンソロジーとなっている。

     斎藤茂吉や正岡子規など近代短歌から、作家夢野久作の「猟奇歌」シリーズ、さらに最前線で活躍する若手の作品まで、目配りが良い。

     それまでは意識せずにいたが、ここに収録されて初めて「怖い」と感じさせられた歌もいくつもある。たとえば、この歌。

    元旦に母が犯されたる証し義姉は十月十日の生れ
           浜田康敬

     釧路生まれの作者の青年期の作であり、性に対する潔癖からの発想だが、「母」「義姉」に向けた冷ややかなまなざしにぞくっとさせられる。

     平易な話し言葉で作られた掲出歌も、物語性が濃厚だ。ものさびしい駅の「無人改札機」は、やさしく切符をのみこんでくれるが、何らかのトラブルがあれば一変して乗客を制止し、通行をはばむ。「無人」とはいいながら、常に人間の目が監視しているシステムそのものの怖さを読み取ることもできるだろう。

     わが体なくなるときにこの眼鏡はどこに置かれるのだろう  高瀬一誌

     字足らずの歌である。不安定な韻律が、死後の「眼鏡」のゆくえ、さらに死後の魂のゆくえを想像させる。なるほど、怖い。
    (2019年1月20日掲載)

  • 短歌というと、俵万智の、
    <「この味がいいね」と君が言ったから七月六日はサラダ記念日>
    のような爽やかな、そして少し甘いイメージのもの、あるいは、百人一首に出てくるような、恋や情景を歌ったようなものだと思っていた。
    一方で、悲しみや、恐れを抱くものとして、寺山修司の
    <マッチ擦るつかのま海に霧ふかし身捨つるほどの祖国はありや>
    に代表されるものや、斎藤茂吉の喉紅きつばくらめ〜といったものをイメージしていた。
    石川啄木に至っては、故郷の訛なつかし停車場の〜といった東北人らしい情景を描く詩人だと思っていたら......。
    <どんよりと
     くもれる空を見てゐしに
     人を殺したくなりにけるかな>(34頁)
    夢野久作が詠んだのならわかる。しかし、あの、啄木が。確かに夫にはしたくない男ではあったようだが。
    46頁、間武の
      殺しのあと
     特に用事もないので
    お庭に出て草ひきなどする
     
    これは、まっとうな神経のやつじゃない。
    きっとこの人物はニコニコ笑って人当たりのいい、丁寧な人間なのだろう。
    それと全く逆の面を持つのでは......そんな風に想像するだけで、戸締りを確かめたくなる。

    <ぼくの去る日ものどかなれ 白線の内側へさがっておまちください>杉崎(たつさき)恒夫(187頁)
    <鉄道で自殺するにも改札を通る切符の代金は要る>(201頁)山田航
    怖いというより、これは本当にやめてほしいのだ。
    鉄道は自殺のためのものじゃない。他人に、殺す意思なきものに殺させるな、と思うのだが、
    <人間は忘れることができるから気も狂わずに、ほら生きている>(146頁)枡野浩一
    と謳う人々はもはや耳に誰の声も届かないだろう。
    これらの歌は、深淵を覗き込んでいる気分にさせる。

    こんな歌もある。
    <自爆テロのニュース見ながら「きゅうきゅうしゃ」「ばす」と画面を指さす子ども>(31頁)尼崎武
    その向こうに一体何人が倒れているのだろう?

    私の記憶に一番残る、そして有名なものはこれだ。
    <ぼくたちはこわれてしまったぼくたちはこわれてしまったぼくたちはこわ>中澤系

    この短い世界に広がる人間の邪悪な面。
    怖い、なんてもんじゃない。

  • 「怖い」をさらにカテゴリ分けしていて、それぞれのテーマに合う短歌がとにかくたくさん紹介されているので、短歌入門アンソロジーとしてとても良い。

    印象的だったのは

    自分が子を殺すさま想像できますか想像しながら家の鍵まわす(渡辺松男)

    ほとんどの人は人を殺したことがないし、誰も死んだことがないからこそ、殺すって死ぬってどういうことなんだろうと、ふと考えに取り憑かれそうになって怖くなる瞬間は確かにあるなと思う。

    因みに「怖い短歌」と聞いて私がぱっと思い付くのは

    焼き肉とグラタンが好きという少女よ
    私はあなたのお父さんが好き
    (俵万智『チョコレート革命』)

  • 石川啄木、猟奇歌詠んでたんだな……こ、怖……
    中島敦もなんか露骨に怖くて…怖…

    現代歌人もこんなに”読ませる”面白い短歌を詠んでる人がたくさんいるんだな~~~~
    こんなとこでしか絶対お目にかかれないから、勉強になったな

  • 倉阪鬼一郎が俳句や短歌もやる人とは知らなかった。
    「怖い」短歌アンソロジー。夢野久作の「猟奇歌」みたいなものから、幻想的なもの、人の心理や、日常に潜むふとした闇を描いたものまで時代を問わず幅広く集めていて、ひとつひとつ解題がつく。
    「ほんたうにふとい骨の子になりましてこれは立派ななきがらになる」「うしろあるきにやつてくるのはたぶん死んだはずのおまへさんでせうね」とか良い。

  • 〈向こうから来るもの〉、〈死の影〉、〈内なる反逆者〉、〈変容する世界〉……。この世に潜むさまざまな恐怖を掬いとって詠まれたような短歌を9つのテーマに分け、多数紹介するアンソロジー。


    絵画や写真のようにそこにあるものを瞬間的に掴み取り、説明を極力省く俳句とは違い、短歌は一首のなかで物語を描くことができてしまう詩型だと思う。書き出し小説やコンデンスト・ノベルは短歌の仲間と言ってもいい。それでいて、完全にフリとオチができあがってしまっているとその作品は怖くない。表層的な意味の奥にまた別の真相を隠しているような短歌が怖い。
    以下、気になった収録作。

    ◆ おそろしきことぞと思ほゆ原爆ののちなほわれに戦意ありにき 竹川広
    戦争の怖さと同時に、そもそも戦争というものを生みだす憎悪の深淵をじっと見つめている内省の歌。

    ◆ 少年の肝喰ふ村は春の日に息づきて人ら睦まじきかな 辺見じゅん
    内側の人間には日常の風景が、外側からは〈異常〉で〈猟奇的〉。異常な日常を生きる村が恐ろしいのか、他者の日常を異常と断じてしまうことが恐ろしいのか。茂吉に通じる作風。

    ◆ 不眠のわれに夜が用意しくるもの蟇、黒犬、水死人のたぐひ 中城ふみ子
    フュスリやゴヤの夢魔のような深夜の幻覚。「蟇」の字から墓が連想されて「黒犬」がでてくる感じが面白い。

    ◆ 男の子なるやさしさは紛れなくかしてごらんぼくが殺してあげる 平井弘
    下の句から感じる幼さと「殺」のおそろしさ。谷川俊太郎の「男の子のマーチ」が頭をよぎった。

    ◆ 生前は無名であった鶏がからあげクンとして蘇る 木下龍也
    食べるために育て、殺めたものに可愛らしいキャラクターを付与して売り、買い、食べる。社会的な罪の隠蔽システムが「からあげクン」の一語で表現されている。

    ◆ やさしくて怖い人ってあるでしょうたとえば無人改札機みたいな 杉崎恒夫
    軽い言葉の使い方とそこに宿る哀切からニューウェーブ世代かと思ったら、1919年生まれと知って驚いた。〈こわれやすい鳩サブレーには微量なる添加物として鳩のたましい〉もいいな。

  • あまり短歌は嗜まないが、面白かった。
    様々な『怖い』があり、想像してた『怖い』とは違った。良い意味で裏切られた。

  • 「怖い俳句」がよかったので。

  • 今回も面白かった。
    現代短歌中心? 中には、同年代の人の作品もあって驚いた。

  • 面白かったです。
    怖い、と一口に言っても様々な怖さがあり、こちらはカテゴリ分けされてたくさんの短歌が挙げられていました。
    俳人は勿論、中島敦や折口信夫の歌もありました。夢野久作の「猟奇歌」は、これとその系譜でカテゴリありました。
    間武と笹井宏之の歌はちゃんと読みたいです。
    少ない言葉でこれ程の世界が広がるところ、素敵。
    手元に置いて愛でたいです。俳句の方も読みます。

全17件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

倉阪鬼一郎 くらさか・きいちろう
1960年、三重県伊賀市生まれ。早稲田大学第一文学部卒。印刷会社勤務を経て1998年より専業作家。
ミステリー、ホラー、幻想、ユーモアなど、多岐にわたる作品を精力的に発表する。
2008年「火盗改香坂主税 影斬り」(双葉文庫)で時代小説家としてデビュー、好評を博す。

「2022年 『潮来舟唄 小料理のどか屋 人情帖35』 で使われていた紹介文から引用しています。」

倉阪鬼一郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
米澤 穂信
アゴタ クリスト...
ウラジーミル ナ...
辻村 深月
ピエール ルメー...
宮部みゆき
三島由紀夫
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×