血圧を最速で下げる 老化を防ぐ「血管内皮」の鍛えかた (幻冬舎新書 お 25-3)

著者 :
  • 幻冬舎
4.50
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 19
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344985964

作品紹介・あらすじ

「減塩すれば血圧は下がる」「少し高いほうが長生きする」「上と下の差が大きければ大丈夫」は全部ウソ! 日本人の半分は塩で血圧が上がらない体質だし、血圧は少しの上昇で血管を傷つける。上下の差は65を超えると危険信号だ。本書では血圧を最速で下げる方法を最新研究から明らかにする。また血圧が上がると血管内部の膜(血管内皮)が傷つき劣化して、それが生活習慣病や全身の老化を招くとわかってきた。血管内皮を再生させて血圧を下げる食事や運動、生活習慣をていねいに解説。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 東2法経図・6F開架:B1/11/594/K

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

京都大学大学院医学研究科修了。内科医。京都大学博士(医学)。愛知県出身。博士課程にて基礎研究に従事。生命とは何か、健康とは何かを考えるなかで予防医学の理念にひかれ、健診ならびに人間ドック実施機関で三十万人近くの診察にあたる。航空会社産業医を兼務。著書に『内臓脂肪を最速で落とす』『胃腸を最速で強くする』(幻冬舎新書)、『欧米人とはこんなに違った 日本人の「体質」』(講談社ブルーバックス)、『日本人の病気と食の歴史』(ベスト新書)などがある。

「2020年 『血圧を最速で下げる』 で使われていた紹介文から引用しています。」

奥田昌子の作品

ツイートする
×