仕事がなくなる! (幻冬舎新書 692)

著者 :
  • 幻冬舎
3.69
  • (2)
  • (6)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 86
感想 : 7
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344986947

作品紹介・あらすじ

昨今のAIの進化は凄まじく、多くの中高年が「自分の仕事の賞味期限はいつまでか」と戦々恐々としているだろう。世間では「リスキリング」がもてはやされているが、簡単に身につくスキルを学んだところで、一瞬でAIに追い抜かれてしまう。人生100年時代といわれる昨今、AIを超える働き方をするにはどうすればいいのか。著者は「AIが持ち得ない、人間独自のもの」に注力すればいいのだと力説する。現状維持の働き方を続ける人は、仕事どころか、居場所もなくなる!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 今の時代、AIに関する記述が多く著書とされているものがある中で今回はこの著書を選んだのには意味がある。
    それは仕事がなくなることを危機感を持って毎日を過ごしている人間はどれほどいるのだろうかと疑問に思った。
    確かに頭の中ではAIという存在が自分たちの将来に危機感を与えていると言うことを認識してはいるものの、具体性として、自分の将来に対して危機感を持っている人間は少ないのではないだろうかと私は思った。
    考え方ややり方を変えていかないと、気づいたときには職を失い、路頭に迷う。そんな人間がこの先将来、増えていくのではないだろうかと懸念した。

    著書の中では、努力といった言葉がたくさん出てきていたが、やはり何をするにも人間は生きている限り死ぬまで努力なんだと改めて認識した。
    努力する事は嫌いではないが、間違った努力をしないように、正しい努力を選びとる力を読書の中で養っていきたいと改めて感じた。
    損得勘定で考えるのではなく、自分にとって必要かどうか、社会にとって有益か否か、面白いか、つまらないかと言う選択の軸を今まで以上に自分の中で深く反芻していきたいと思った。

  • 久しぶりに丹羽さんの新書を読了しました。とても為になりました

  • これからのAI社会に対し、メリットデメリットや苦言や提言など経営者目線からの言葉を期待したが‥

    下記なるほどと思った点
    ・損得勘定で仕事をすると人生が貧相になる。
    ・大量生産から多種少量生産へ
    ・大企業は中小企業化する。
    ・メンバーシップ型の働き方からジョブ型へ
    ・専門知識が無いと生き残れない。
    ・ここで身につけようとすることが生き残るヒント
    ・職人化(仕事に一手間かけること)が大事
    ・株主第一主義からステークホルダー第一主義へ
    ・我慢するのでは無く律する


    後半にいくほど、社畜と呼ばれる昭和や平成の大企業で成功した人の蘊蓄になっており、本の趣旨とのズレを感じた。

  • 自分の血肉となるほど深く刻まれた知識は、必ず役に立つ日がくる
    経済のグローバル化が進み、テレワークやリモートワークが定着してくるなか、日本の企業を支えてきたメンバーシップ型雇用は、時代に合わなくなってきています
    勝つことより負けないことを意識する
    アウトプットしながら情報を整理すると、精度が上がる

  • これからのAI時代を迎えるにあたっての本であるが、大切なことはAIどうこうの話ではなく、今をどう生きるか、今をどれだけ大事にできるかが重要なのだと思った。
    普段の業務が忙しいから難しい業務に手をつけられないのは、手をつけたくないという思いが根底にあってそう思ってるのではないか。
    愚痴を言う前に全力で目の前のことに向き合えているか。
    そんなようなことを考えさせられる本でした。
    仕事のモチベーションになりました。

  • 東2法経図・6F開架:B1/11/692/K

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

丹羽宇一郎(にわういちろう)
公益社団法人日本中国友好協会会長。一九三九年愛知県生まれ。元・中華人民共和国駐箚特命全権大使。名古屋大学法学部卒業後、伊藤忠商事(株)に入社。九八年に社長に就任すると、翌九九年には約四〇〇〇億円の不良資産を一括処理しながらも、二〇〇一年三月期決算で同社の史上最高益を計上し、世間を瞠目させた。〇四年会長就任。内閣府経済財政諮問会議議員、地方分権改革推進委員会委員長、日本郵政取締役、国際連合世界食糧計画(WFP)協会会長などを歴任ののち、一〇年に民間出身では初の駐中国大使に就任。現在、一般社団法人グローバルビジネス学会名誉会長、伊藤忠商事名誉理事。

「2023年 『仕事がなくなる!』 で使われていた紹介文から引用しています。」

丹羽宇一郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
松下 幸之助
アンデシュ・ハン...
中野 信子
アンデシュ・ハン...
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×