世界の山ちゃん伝説―思いつきを成功に変える25の法則

  • 16人登録
  • 3.40評価
    • (1)
    • (1)
    • (2)
    • (1)
    • (0)
  • 4レビュー
  • 幻冬舎メディアコンサルティング (2006年5月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (143ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344995475

世界の山ちゃん伝説―思いつきを成功に変える25の法則の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 「幻の手羽先」を看板メニューとして、今や全国展開している
    名古屋が生んだ居酒屋チェーンが「世界の山ちゃん」!
    看板に描かれた「鳥男」のインパクトは大です。

    そんな「世界の山ちゃん」の創業者である山本重雄会長の講演を
    以前聴く機会がありました。これが、メチャメチャ面白かったです。

    ・看板メニューの手羽先は他居酒屋(風来坊)のパクリ。でも、
     形と味で差別化を図っている。「学ぶのは真似ること」。
    ・ネーミングは大事。「幻の手羽先」「世界の山ちゃん」など。
     名前に魂を入れる。その名前を連呼することで、社員はその気に
     なって働く、お客様にも想いが伝わる。
    ・学んだことを教える、教えるために学ぶ。
    ・社訓は「立派な変人たれ」「明るく、元気に、ちょっと変」
     ユニークであり、かつ、社会の変化に順応しうるという意味で
     ”変”。
    ・社員は「変宣言」として目指すべき人物像が描かれたクレド
     を常備している。その名も「変人パスポート」!
    ・仕事の目的、働く意味は、「立派な人間になる」「感謝と感動を
     与える」「従業員と家族を守る」こと。
    ・社員のモチベーションを上げる仕組み:給与袋に手書きメッ
     セージ、社内紙「世界変聞」発行、社員むけカタログ「全社メ
     ニュー」配布、社員紹介マンガの無料店舗配布、など。

    ちょっと前に写真週刊誌でも二週にわたって特集が組まれていま
    したが、直に話を伺うことが出来て、山本会長の人間的魅力を
    存分に堪能しました。
    講演後、懇親会にも参加しましたが、もちろん会場は「世界の
    山ちゃん」。会長より直伝で手羽先の食べ方をご指導いただきま
    したよ!

    「立派な変人たれ」クールです!
    「明るく、元気に、ちょっと変」エクセレントです!!!
    個人的には、かなりツボにハマりました。

    なお、この本は、懇親会後、勢いで思わず購入してしまいま
    したが、かなりB級です(笑)。
    でも、そんなところが、「世界の山ちゃん」らしい。。。

  • 名古屋と言えば、手羽先です。
    安城などの養鶏の産地が近所にあり、
    鶏肉の消費比率が、豚、牛に比べて大きい日本でも特殊な地域。

    手羽先が大量に余るので、焼いたり、揚げたりして食べるのが名古屋流。
    山ちゃんはその手羽先をおつまみにするお店の一つ。

    日本中に進出できた秘訣がここにあるかも。

  • 3月29日読了。いまや東京でもすっかりお馴染みの、幻の手羽先を売る「世界の山ちゃん」の歴史やユニークなエピソードの数々を紹介。巻頭にはみうらじゅん(MJ)と安齋肇氏の対談まで付いている!スパイシーな手羽先の味や天むす、味噌カツなどの名古屋料理のおいしさもさることながら、世界の山ちゃんがこれほど多くのファンに支持されているのは、思いついたことは何でもやってしまうそのユニークな社風にあるのか。・・・面白いが、本の構成が若干大げさすぎて、鼻白む部分も多々あり。山ちゃんのキャラクター、人面のトリは社長の似顔絵なんだな。

  • 平成18年10月に名古屋に行ったときに食べてきました。名古屋ローカルチェーンとばかり思っていたら札幌にも4店舗をもっていました。読んでみると、仕事を実に楽しんでやっていることがわかります。飲食業はお酒と料理で直接的に人を幸せにする業態ですので経営者もあまり難しいことを考えずこういう姿勢のほうがよいのでは?と感じました。

全4件中 1 - 4件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

世界の山ちゃん伝説―思いつきを成功に変える25の法則はこんな本です

ツイートする