負け癖社員はクビにしろ!

  • 30人登録
  • 3.29評価
    • (1)
    • (3)
    • (9)
    • (1)
    • (0)
  • 7レビュー
著者 : 苗木邦王
  • 幻冬舎メディアコンサルティング (2007年2月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (239ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344995727

負け癖社員はクビにしろ!の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 【資料ID】151431
    【分類】336.4/N12
    社会科学のコーナーに並んでいます。

  • 組織にとって社長は絶対。
    社長の意思に共感できない社員はクビにすべきである。

    本書でいう「負け癖」とは物事を達成しない癖のこと。
    「負け癖」のある社員はいざという時に役に立たない。
    しかし「負け癖」は社員を教育することで抜くことができる。

    なぜ「負け癖」社員をクビにするのか。
    それは組織で「負け癖」は伝染するから。
    組織を腐敗させる「負け癖」社員は、
    「負け癖」を抜くかクビにするしかない。
    と著者はいいます。

    本書で書かれるのは「負け癖」社員を教育する方法、
    そして役に立つ社員を採用し組織の力を伸ばす方法です。

    厳しいことが多く書かれた本ですが、
    自分の甘い部分を自覚するにはいい本でした。

  • 負け癖とは?から始まり、結構極論を書いてあったりする。
    でも、これぐらいの心構えがないと社会人としてやっていけないし、何より言い訳しまくる人間になりかねない、という警告も含んでいる気がした。

  • 「負け癖」という、誰にでも経験があるであろうマイナスについて
    振り返ることができる一冊。

  • 厳しいタイトルですね〜

    まあ、筆者は偉材塾の主催者の苗木邦王さんです。

    厳しいことをかかれてますが、大事なことですね。

  • ○人材育成のヒントあり。
    ○人材採用のヒントあり。

  • 厳しいタイトル通りで、内容も厳しい。でも、愛情は感じる。企業の中の「人」を大切にするということを、「甘やかす」としてしまうと、社員に「負け癖」がついてしまう。厳しさと愛情によって人を大切にすることが、本当に強い組織を生み出すのだ、ということを理解しました。

全7件中 1 - 7件を表示

苗木邦王の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊集院 静
マイケル・ドイル
ロバート キヨサ...
有効な右矢印 無効な右矢印

負け癖社員はクビにしろ!はこんな本です

ツイートする