敗社復活

著者 : 川端秀一
  • 幻冬舎メディアコンサルティング (2010年2月発売)
2.29
  • (0)
  • (0)
  • (4)
  • (1)
  • (2)
  • 本棚登録 :13
  • レビュー :4
  • Amazon.co.jp ・本 (201ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344997202

敗社復活の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 着想やこだわりに独創的なものがあってビジネス化しても、
    経営力不足でなくなっていく。
    残念です。

  • ㈱ローズネット社長の川端秀一さんの…、
    生い立ち~㈱ハナ・プレンティの起業・倒産
    ~㈱ローズネットの再起業までの回顧録…。

    小説ではありませんが…、事実は…小説より…奇なり…。
    ベンチャーキャピタリスト…としては…、
    とても…興味深く…読みました…。

    ベンチャー経営者やこれに係る者…に、必要なモノは…、
    ビジネスセンスと人を見抜く目…だと、つくづく…。
    それがないのが…日本のベンチャーさんとVC…。

    ローズネット社の決算を確認すると…、
    設立2期目で…単年度黒字化…。
    5期目で…ハナ・プレンティ社と同じレベルまで成長…。

    資本金も…ハナ・プレンティ社と同じレベルの…3億円超…。
    株主構成は…複数の大企業と大企業の経営者個人…。
    ハナ・プレンティ社に群がったVCは…、入っていない…。

    川端さんの…ビジネスセンスと人徳…、そして…運…。
    そして…、再チャレンジを支える人々…。
    今度こそ…、ぜひとも…うまくいって欲しい…ですね…。


    (追記)
    2010年10月25日…、
    ローズネット社本社事務所に、事業中断を告知する張り紙を提示。
    事実上の破綻とみられている。負債総額5億9千万円。
    リーマンショック後の受注減による資金繰りの悪化によるものと予想。
    ハナ・プレンティ社の教訓を活かせなかったことが、残念ですね。

  • 稀に見る駄作で読後感は最悪。
    失敗から何を学んだのか全く伝わってこない。
    自分を客観視できない人間が、他人の愚痴をいい連ねているだけ。

  • 何気なく購入。
    ジェットコースターのような人生だなと。それも短期間に浮き沈みが。
    どん底からまたすぐ復活できるだけの、パワーを持ってる人なんだろうな、きっと。
    しかし、結婚、離婚、結婚、離婚、結婚。。。凄い。

全4件中 1 - 4件を表示

川端秀一の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

敗社復活はこんな本です

ツイートする