生徒のやる気を100%引き出す授業 (経営者新書)

著者 : 大矢純
  • 幻冬舎 (2013年2月27日発売)
3.73
  • (2)
  • (6)
  • (2)
  • (0)
  • (1)
  • 本棚登録 :23
  • レビュー :5
  • Amazon.co.jp ・本 (159ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344999275

作品紹介

明日から実践できる、子どもの意識と態度を劇的に変える方法。

生徒のやる気を100%引き出す授業 (経営者新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 読了20170918

  • 具体性…というと物足りなさを感じた。
    しかし,子どもに型を教えることとそれを使って,型をやぶらせることなどは共感する。
    習得→活用,基本→応用,教えて→考えるの流れをしっかりと教師が理解して指導したいと改めて思った。
    また,自信のない子どもやモンスターペアレンツは教師自身が生み出しているという考えも共感。教師は授業力を磨くことで,子どもからも保護者からも信頼されるのだと思う。

  • ひどかった。教育への常識論と自分の講座やセミナーへのステマ。「授業学」というが、具体的にどんなものかは本書ではわからない。授業技術に関しては向山洋一氏や大西忠治氏、堀裕嗣氏の著作など多数あるが、それらよりすぐれたものなのか…

  • 自信を持てない子ども達が増えている
    子ども達はなぜ自信を喪失してしまったのか
    子どもたちの主体性を引き出す授業のやり方
    生活環境を意識した指導が、子どもたちの自信をさらに深める

  • 私の勤める某会社で進められた1冊
    読み進めるうちに自分の会社のマニュアルにそっくり!
    な点を多数発見。

    そして私のバイブル安河内先生の書と内容は酷似
    ※参考レビュー
    「できる人の教え方」
    http://booklog.jp/users/syura12/archives/1/4806127523

    ただし、こちらは学校の先生向けにかいてあるので、
    安河内が塾塾しすぎるという人には、
    こっちを読むのもありかと。

    授業内でのテクニック中心+α心構えが知りたい人は安河内を
    授業内での心構え+αテクニックが知りたい人は本書を
    まず読むことをお勧めします。

全5件中 1 - 5件を表示
ツイートする