日本の高校―成功と代償

制作 : 友田 泰正 
  • サイマル出版会
3.50
  • (0)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 17
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (381ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784377107777

作品紹介・あらすじ

著者は、典型的公立校、エリート私立校、定時制校、伝統校、商業高校の五つの異なるタイプの日本の高校を1年間フィールドワークし、追跡調査を行なった。そして、その相互比較から日本の社会的不平等の構造を、その共通性から国民文化と学校文化の特徴を、さらには高校体験が日本人の性格形成に及ぼす影響までを、明らかにしている。小学校で培われた平等主義の価値観が、序列的な高校でどう変質していくのか-大平正芳記念賞など受賞の労作。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 日本の高校は、アメリカの文化人類学者の目にはどのように映るのだろうか。
    このことを知れば、日本の高校がもつ特殊な性質がわかるだろう。
    第1章において、著者は日本の多様な5つの高校に入り、生徒と一緒に学校生活を体験し、
    その内容を細かく記録し、分析し、記述している。
    日本人なら当然すぎて見逃してしまうことも、アメリカ人なら見逃さないかもしれない。
    日本の高校を捉え直すだけでなく、質的調査の手本ともなる、名著です。
    (ラーニング・アドバイザー/教育 MATSUBARA)

    ▼筑波大学附属図書館の所蔵情報はこちら
    http://www.tulips.tsukuba.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=280699&lang=ja&charset=utf8

全1件中 1 - 1件を表示
ツイートする