インタンジブル・イラ―デザイン=情報化社会への理解力

著者 :
  • サイマル出版会
4.00
  • (1)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 6
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (293ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784377308013

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • インタンジブル(触れないもの)とタンジブル(触れるもの)についての考え方とインタンジブル化している社会に対してデザインはどうしていくべきかが書かれています。

    どちらかというと文章が気さくな感じです。

  • 中小企業大学校の6ヶ月で、デザイナを指導して教育する人向けのコースの教科書として使いました。
    著者が講師で、講義をうけ、話はわかりました。

    タンジブルとは、さわれるもの
    インタンジブルとは、さわれないもの
    とのことでした。

    時代は「物」から「事」へと焦点があたっていたので、
    デザイナの立場を英語でいってみたのだと理解しました。

全2件中 1 - 2件を表示

長沢忠徳の作品

インタンジブル・イラ―デザイン=情報化社会への理解力を本棚に登録しているひと

ツイートする
×