きみが、この本、読んだなら とまどう放課後 編

  • さえら書房
3.94
  • (5)
  • (5)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 63
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (158ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784378015569

作品紹介・あらすじ

「ねえ、この本、読んでみたら」
あの本を読んでほしい子、いませんか?――大切な人へ本をすすめる4つのストーリー。本の紹介をテーマにしたアンソロジーです。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 何気なく図書館の新刊の棚からかりた児童書。
    すごく大当たりの良い本だと思った!短編小説が4作入っていて、どれも素敵で子ども達も読みやすいんじゃないかな。朝の読書時間みたいなものがあるなら、ピッタリだと思う。全部ふりがな振ってあるし、中学年からでも楽しめるかもしれない。小学生でも色々あるから、ひとつでもお気に入りの作品が見つかれば良いなぁ。私は、『たそがれ時の魔法』が好きかな。引っ込み思案のシャイな女の子が1人の男の子と関わってから最後にこんな勇気を出せるようになったんだなと心がほっこりしました。4つの短編小説の主人公は、女子2人に男子2人だから偏りなく読めるのも良かったです。私が小学生の時に出会いたかったw

  • 2話目の「たそがれ時の魔法」、甘酸っぱくてキュンキュン♪

    「後ろの景色はなつかしい。前の景色は、わくわくするー」
    いい言葉だなぁ。
    ほんの少しの勇気で前へ進め!

  • となりの席になったすみれの下じきの飛行機が気になったぼく
    その飛行機で不時着したパイロットが書いた本『星の王子さま』を薦められる
    ──森川成美「赤いコードロン・シムーン」

    図書委員会で透也と二人でポスターを作ることになったわたし
    『コンビニたそがれ堂』を見せると「それで、いいよ」と軽く言われてしまう
    ──高田由紀子「たそがれ時の魔法」

    生活委員として佐川さんを尾行することになったわたし
    追いついた広場で貸してくれたのは『ポケットのはらうた』という詩集だった
    ──松本聰美「走っていくよ」

    サッカーと塾の勉強の両立に悩んでいる和弥
    幼なじみの春香に『モモ』という本を無理やり押しつけられる
    ──工藤純子「ぬすまれた時間と金色のパン」

    主人公は6年生
    とまどう放課後を舞台に
    悩む主人公が本を薦められる
    という設定で児童書作家4人が競作したアンソロジー

    《大切な人へ、本をすすめる、4つの物語》──帯のコピー

    『なみきビブリオバトル・ストーリー』のさ・え・ら書房から、2020年3月刊
    『ざわめく教室 編』も同時刊行

    本が本をよび、本の世界がひろがっていく本たちに期待

  •  本をおすすめする物語4編。

     『星の王子さま』、『モモ』をテーマにした2編は、読書感想文としても読める。こんな文章を書いたらいいのでは、というお手本みたい。

  • おもしろいけれど、子どもにとってはどうなのか。気になる本があれば、そこから読書が広がるかもしれない?

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

1957年、東京生まれ。大分市で育つ。 一男二女の母。東京大学法学部卒業。季節風同人。2009年「アオダイショウの日々」で、 第18回小川未明文学賞優秀賞受賞。著書に『アサギをよぶ声』『1週間の物語』(ともに偕成社)、『フラフラデイズ』(文研出版)、「小説 小学生のヒミツ」シリーズ(講談社KK文庫)、共著に『こわい!闇玉』(講談社KK文庫)などがある。

「2021年 『おはなしSDGs エネルギーをみんなにそしてクリーンに 夢の発電って、なんだろう?』 で使われていた紹介文から引用しています。」

森川成美の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
辻村 深月
今村夏子
芦田愛菜
戸森 しるこ
伊坂 幸太郎
安田 夏菜
池田ゆみる
ヨシタケシンスケ
ヨシタケシンスケ
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×