ミイラになったブタ―自然界の生きたつながり (やさしい科学)

制作 : ジェニファー・O. デューイ  Susan E. Quinlan  Jennifer Owings Dewey  藤田 千枝 
  • さえら書房 (1998年5月発売)
3.89
  • (3)
  • (3)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • 26人登録
  • 4レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (111ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784378038827

作品紹介

本書には、生態学者がこれまで調べあげた自然界のなぞの物語が14話集めてあります。物語はそれぞれ別の話ですが、読んでいくうちに、全体をまとめるひとつの流れ-自然界の生きたつながりが、きっと見えてくるはずです。小学校高学年〜。

ミイラになったブタ―自然界の生きたつながり (やさしい科学)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 「子どもを本好きにする10の秘訣」>「生き物・自然」で紹介された本。

  • 一番最初に出てくる話で、
    天敵も病原菌もいなくて順調に数を増やしていたシカが、
    20年ほどの期間に食料を食べつくして自滅してしまったという逸話が興味深かった。
    しかも、そのシカを最初に持ち込んだのは人間。

  • 0911『自然とかがくの絵本総解説』より

  • 子どもが最初にであう本として優れているだけでなく大人にも示唆的な物語、アメリカって国はいい意味でもわるい意味でもほんとうに凄い教師だなって思う。(?)

全4件中 1 - 4件を表示

スーザン・E.クインランの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
A.トルストイ
モーリス・センダ...
馬場 のぼる
有効な右矢印 無効な右矢印

ミイラになったブタ―自然界の生きたつながり (やさしい科学)はこんな本です

ツイートする