絵で見るナイル川ものがたり―時をこえて世界最長の川をくだる

制作 : スティーブ ヌーン  松沢 あさか 
  • さえら書房 (2004年1月発売)
4.00
  • (1)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :21
  • レビュー :2
  • Amazon.co.jp ・本 (31ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784378041124

作品紹介・あらすじ

ナイル川の流れにそってくだれば、その岸にならぶ壮大な建築物-神殿、教会、モスク、ピラミッド、とりでなど-だけでなく、人びとの住む多くの村、いくつもの港のにぎわいをながめることができます。ヌビアの兵士、エジプトの農夫たち、カイロの街並みなど、さまざまな地域のさまざまな日常の生活習慣をのぞいて見ることもできます。あなたがたはまた、クフ王の葬儀、伝説的な富をほこるメロエ王朝の戦勝記念行事や、テーベのルクソール神殿の当時の美しさをまのあたりにし、おしよせる現代のツーリストの波にも目をみはることでしょう。この川の旅にはまた、人間の世界とは別の、流域に住む動物や鳥たちを観察するたのしみもあります。

絵で見るナイル川ものがたり―時をこえて世界最長の川をくだるの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 昨日の夜ごほん。図書館から借りてきた中から息子が一番に持ってくるだろうなーと思っていた本だったので、ビンゴ!と喜び合いました。どんなに現地で感じたいか、映画のような人生を送りたかったか、子どものときのままの夢見る様子で語りかけました。息子の中のナイル川、時間と空間を超えて広がったかなー?この本では周辺の国々との争いや服装の違いの話もできて楽しかったです。

  • ナイル川をさまざまな年代を経ながら下っていきます。
    人々の日常がカラーイラストに細かく描き込まれていて、眺めているだけで世界に引き込まれます。
    必要最小限の説明文もとても分かりやすい。

全2件中 1 - 2件を表示

アン・ミラードの作品

絵で見るナイル川ものがたり―時をこえて世界最長の川をくだるはこんな本です

ツイートする