はじめての色鉛筆画

著者 :
  • 山海堂
3.71
  • (1)
  • (3)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 18
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (111ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784381022318

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 近所の画材屋さんで。

  • 薄く淡く、丹念に色を重ねてリアルに描く色鉛筆技法の解説書。
    ほとんど輪郭線を残さず、色の濃淡で描き分ける。
    やさしい、きれいなイラストで、見ているだけで落ち着く。
    トレーシングペーパーと、トレース用の下絵が付録としてついている。
    色鉛筆のメーカー名・色番もすべて書かれているので、(理論的には)そっくりに描くことも可能。
    描けたらいいな。

全2件中 1 - 2件を表示

プロフィール

河合 ひとみ:東京外国大学ロシヤ語学科卒。1970年代初め、細密画を色鉛筆で描いてみようと思い立つ。大学卒業後、会社勤務や英語講師を務めるかたわら、イラストの仕事も続ける。現在は朝日カルチャーセンター(新宿/立川/横浜)、毎日文化センターほか、東京都および神奈川県で色鉛筆画の講座を多数担当。色鉛筆に関する著書も多く、翻訳されて海外でも販売されている。

河合ひとみの作品

ツイートする