アクティブラーニング入門 (アクティブラーニングが授業と生徒を変える)

著者 :
  • 産業能率大学出版部
3.93
  • (10)
  • (12)
  • (5)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 134
レビュー : 19
  • Amazon.co.jp ・本 (144ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784382057234

作品紹介・あらすじ

「アクティブラーニング」がわかる入門書。長年の現場経験に基づいた実践的かつ理論的な内容。この本でアクティブラーニングの疑問を解決!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • この手の本には不自然なほど教師に協力的な生徒が登場するものだが、この本はちょっと度が過ぎていて、実在が疑われるレベルである。アクティブラーニングのパンフレットだと思えばよく書けているし、登場する生徒もモデルだと思えばいいのだろう。パンフレットを真に受けて、実行する人が出ないことを願うばかりだ。筆者は元空手のプロらしい。その技を生徒同士の話し合い、学び合いで身に付けられるものか、考えれば分かりそうなものだ。

  • 大変わかりやすかったし、物理の実例には感心するし授業を受けてみたい気がする。

  • アクティブラーニングの概要をざっくりつかむのに役立ちました。

    構造的には一般的なグループワークで行う内容の応用で、取り入れやすそうだと思いました。

    雑談への対応が一番参考になりました。
    質問で介入する、というのはやりやすそうです。
    早速取り入れようと思います。

  • アクティブラーニングの導入が叫ばれている学校教育の現場に必要な本だと思います。
    必要なのは、すべてをアクティブラーニングにすることではなくて、アクティブラーニングを取り入れた授業にすること。
    著者は、高校の物理の先生であったそうです。アクティブラーニングとして実践した授業は、生徒同士が教え合う時間を多くとった授業で、
    「15分講義→35分演習→15分確認テスト」
    のような構成をとっていました。すなわち、この高校は、65分授業なのでした。
    これを50分にいかに落とし込むかは、これから考えていきたいと思います。
    とにかく、この本を読んで、一番思ったことは、この人の作り上げたものを真似でいいから、やってみたい。そう思える本でした。お勧めです。

  • この本の価値は、アクティブ・ラーニングを、特殊な学習の一形態として紹介するのではなく、人間にとってごく自然な学びのあり方に過ぎないものとして紹介している点にある。

    著者の指摘するように、それはすでに(必ずしもそう意識されていないにしても)至る所で行われている学習であって、アクティブ・ラーニングでないラーニングを想定することの方がかえって難しいくらいなのである。

    アクティブ・ラーニングというと、子どもの個性や自由を尊重するものであるが故に「すばらしい」ものなのだと解釈されがちだが、本当にそうなのだろうか、と思う。アクティブ・ラーニングとは、そんなに積極的な意味で「良い」ものだろうか。

    むしろ、日本の学校で行われている学習が、人間の本性とはかけ離れた、あまりにも不自然な形態を取っていることが問題なのであり、アクティブ・ラーニングとはそれを正常に戻すものでしかないのではないかと思う。

    その意味では、アクティブ・ラーニングという言葉を、それほど深刻に捉える必要はないのではないだろうか。

    ともあれ、本来であれば「当たり前」であるはずの話を、当たり前に語ることはなかなか困難な時代であるだけに、こうした健全な感覚に裏打ちされた実践報告はとても貴重なものであると思う。

  • すぐ読める
    すぐ始められる
    入門書として最適

  • アクティブラーニングとはどのような点が優れた指導方法なのだろうかという点を知るために購入。
    結果はアクティブラーニングに特に優れた点は認められないという結論となった。

  • ①態度目標、内容目標の確認
    ②説明(15min)
    ③問題演習
    ④振り返り

    年間目標、振り返りの大切さを再認識。
    「質問作り」と組み合わせてみたい。

    わかりやすい入門編。
    他の教科への言及も欲しいので−☆

  • NASAの「月からの脱出シート」
    ラーニングピラミッド
    はぜひ、生徒に伝えたい。

全19件中 1 - 10件を表示

プロフィール

【監修者プロフィール】
小林昭文(こばやし・あきふみ)
産業能率大学経営学部教授。埼玉大学理工学部物理学科卒業。埼玉県立高校の物理教師として早くからアクティブラーニング型授業を実践し、教育界で高く評価されてきた。現在は高校を退職し、産業能率大学と河合塾教育研究開発機構に所属。アクティブラーニングの研究・実践を専門とし、研修講師を年間100回ほどつとめている。主な著書に『アクティブラーニング入門』(産業能率大学出版部)、『図解 アクティブラーニングがよくわかる本』(監修、講談社)など。

「2017年 『図解 実践! アクティブラーニングができる本』 で使われていた紹介文から引用しています。」

小林昭文の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
瀧本 哲史
リンダ グラット...
恩田 陸
有効な右矢印 無効な右矢印

アクティブラーニング入門 (アクティブラーニングが授業と生徒を変える)を本棚に登録しているひと

ツイートする