グラフはこう読む!悪魔の技法

著者 :
  • 三修社
3.00
  • (0)
  • (1)
  • (9)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 27
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (112ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784384036909

作品紹介・あらすじ

グラフにだまされるな!悪魔の技法(ごまかしテクニック)を一挙公開!グラフを読むときに、だまされずに正しい情報を読み取るためのアドバイス。グラフを作るときに、自分の主張を強く、効果的に見せるためのアドバイス。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • おお~、その手があったか、と膝を打てる本。
    ちゃんとしたリサーチリテラシーの本として良質なのに、タイトルやらなんやらでおちゃらけた感じを出している意図は不明。
    その方が売れると判断したのかな?僕は完全に失敗だと思うのだけど。

  • 棒や円などありとあらゆるグラフのごまかしと手法、効果を解説。
    新聞などのグラフからだまされずに正しい情報を得るためのアドバイス本であり、
    グラフを作成するとき主張を強く見せるためのアドバイス本。

    軸が0から始まっていないグラフは僅かな違いを大きくみせるだとか、
    円グラフを横に圧縮すると縦向きを意図的に少なく見せられるだとか、
    イラストの大きさで比較するグラフは、長さと面積を錯覚して必要以上に大差に感じるとか…。
    今までグラフ作成するときは見易さを考え、深い意味もなく省略したりデザインに凝っていたが、相手がこれらの手法を知っていたとしたら、自分の無邪気さが恥ずかしい。

    ほとんど同じ主旨の著書「グラフで9割だまされる(ニコラス・ストレンジ著)」よりも判り易いのでお勧め。

  • グラフのイメージを鵜呑みにしてはいけない。
    グラフは、意図や目的をもって作成されるものだから、疑ってかかって本質をあぶりだす洞察力とテクニックが必要であることを理解した。

    一方で、自分が表を作るときには、表の見せ方を工夫することで主義主張を強調することもできる。
    大いに参考になった。

  • グラフの罠について、例示しながら分かりやすく解説されている。実際にどのようにしたら騙されないのか若しくは騙せるのか!という点について、具体的に記載されているので、実戦的な本である。

  • グラフを作る機会が多いので読んでみた。グラフを読むとき、作るときそれぞれに及ぼす効果がまとめてありおさらいとしてよい。すぐ読める。

  • 読みやすい点が評価できる。
    ざっと目を通すだけでよい。

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

ITジャーナリスト。ITビジネスやIT機器について、消費者や生活者の視点からやさしく解説する力量に定評がある。著書に『Google の正体』(マイコミ新書)、『インターネット社会の幻想―世界最強のメディアをめぐる誤解と正解』(アルク新書)、『グラフはこう読む! 悪魔の技法』(三修社)、『Macの知恵の実』(毎日コミュニケーションズ)、『ゲームの父・横井軍平伝―任天堂のDNAを創造した男』(角川書店)などがある。

「2013年 『あなたの家族がよろこぶiPad生活入門』 で使われていた紹介文から引用しています。」

牧野武文の作品

ツイートする