同時通訳が頭の中で一瞬でやっている英訳術リプロセシング

著者 :
  • 三修社
3.38
  • (5)
  • (14)
  • (11)
  • (4)
  • (3)
本棚登録 : 296
レビュー : 21
  • Amazon.co.jp ・本 (176ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784384055696

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 日米英語学院で同時通訳科の講師をしている著者が、曖昧な表現の多い日本語を英訳する際に重要となる、日本語の再加工(リプロセッシング)について説いている本。

    日本語独特の表現はえてして英訳に難儀し、英語的には意味不明な直訳に逃げることが多い。 そんな英語学習者に英訳前に日本語を言い換える手法(=リプロセッシング)を100の例文を使って親切丁寧に解説している。 本書のタイトルのとおり、同時通訳社であれば、無意識の中でこのリプロセッシングを一瞬の内に実践しており、本書に紹介されているようなステップを踏んではいない。 其の日本語で実際に言いたいことは何か、文章の主体(=主語)は何かを紐解きながら、英訳しやすい日本語に変更してゆくもの。

    本書、「リプロセッシング」という新しいキーワードをベースに、英訳の方法論を展開したという点では有意義であり、面白い試みではあると思うが、一般的な英語学習者が抱く「自由に英語を話したい」という目標に対しては、道筋の一部しか提示出来ていない。
    本書の続編としてドリル版が出ているが、是非このリプロセッシングを「一瞬」で出来る方法論に言及した勉強法を書いて頂ければと思う。

    個人的には100の例文の対訳集として役に立った程度である。

  • 読んでおいて損はない

  • 一度読んでおくとこの表現をこうしたんだの事例が入るからぜひぜひおすすめ

  • ニュアンスを間違えずに伝える方法はなかなか身に付かないけど、それを記載してくれているこの本は結構役に立っている。どうしても、直訳になりがちなんですけど、やっぱり人に大して伝える言葉なので、ニュアンスがわかった上で、コミュニケーションできるといいなと。そのために役立つ本だと思います。

  • 2階書架 : 837.4/TAM : 3410153801

  • 文化の森。

  • 「微妙なニュアンスをうまく表現できない」という英語を勉強していてもできていなかった、歯痒く思っていた事を、ちょうどわかりやすく説明してくれている!図書館で借りて読んだが、これは買って手元に置きたい!

  • 以前通っていた通訳学校の講師の先生(凄腕)の著作。
    「そこをなんとか・・・」とか「お疲れさまでした」とかを英語でなんというのか?というライトでキャッチーな本に見せかけて、

    日本的な発想を英語圏環境的に一般的な発想に置き換えてなおかつポライトネスを大事に発言する方法を文例付きで教えてくれる。

    これ一冊丸暗記すれば、かなりおいしい・・・と思う。

  • 3周め。しっかりモノにしたい!

全21件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

寿楽会大野記念病院 栄養科科長

「2013年 『透析患者の栄養管理と食事指導』 で使われていた紹介文から引用しています。」

同時通訳が頭の中で一瞬でやっている英訳術リプロセシングのその他の作品

田村智子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
デール カーネギ...
冲方 丁
マーク・ピーター...
有効な右矢印 無効な右矢印

同時通訳が頭の中で一瞬でやっている英訳術リプロセシングを本棚に登録しているひと

ツイートする