刑事訴訟法

著者 :
  • 三省堂
3.40
  • (1)
  • (3)
  • (5)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 23
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (617ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784385323060

作品紹介・あらすじ

充実の基本原理と学説。豊富な判例、実例・実務運用。裁判員制度被害者参加に対応。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 網羅的で、辞書的に利用。しかしながら、理由付けが薄い部分が多々あります。

  • 刑訴法を学ぶなら読破しておきたい。

  • う~ん。位置付けに困るかも。
    条解でいいんじゃない?

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

安冨 潔
京都産業大学大学院法務研究科客員教授・同大学法教育総合センター長。慶應義塾大学名誉教授(前慶應義塾大学大学院法務研究科教授)。弁護士(第二東京弁護士会所属)。
1950年生まれ。1974年慶應義塾大学法学部卒業,1976年同大学院法学研究科修士課程修了,1979年同博士課程単位取得退学,1990年博士(法学)(慶應義塾大学),1993年弁護士登録。
主要著書として,『特別刑法入門―刑事法実務の基礎知識』(慶應義塾大学出版会,2015年),『刑事訴訟法』〔第2版〕(三省堂,2013年),『刑事訴訟法』(Sシリーズ)〔第5版〕(共著,有斐閣,2013年),『やさしい刑事訴訟法』〔第6版〕(法学書院,2013年),『事例演習 刑事訴訟法』(共編,法学書院,2013年), 『クロスオーバー民事訴訟法・刑事訴訟法』(共著,法学書院,2013年),『改訂版 擬律判断ハンドブック刑法編』〔第5刷〕(共著,東京法令出版株式会社,2014年),『ハイテク犯罪と刑事手続』(慶應義塾大学法学研究会,2000年),『デジタル・フォレンジック事典』〔…

「2017年 『刑事訴訟法講義 第4版』 で使われていた紹介文から引用しています。」

安冨潔の作品

ツイートする