20世紀の歴史―極端な時代〈上巻〉

制作 : Eric Hobsbawm  河合 秀和 
  • 三省堂 (1996年8月発売)
3.69
  • (4)
  • (4)
  • (7)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :76
  • レビュー :2
  • Amazon.co.jp ・本 (446ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784385356778

作品紹介

現代最高の歴史家が、傑作「19世紀の歴史」に続いて、20世紀に生きるすべての人々に贈る、待望久しい本格的「20世紀の歴史」。これは、新鮮な驚きと発見に読者をさそう、新しい創造の物語だ。世紀末、ホブズボームが20世紀を読む。

20世紀の歴史―極端な時代〈上巻〉の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 1914~1918年の戦争で大きな効果をおさめた最新技術の兵器は潜水艦だけだった。
    20世紀の戦争は戦闘の過程でそれまで考えられ仲田ほどに大量の工業生産物を使い、かつ破壊するという意味でも、大衆戦争だった。
    戦争のいわば技術好きの性向は新しいmのではない。しかも近代の工業経済の不断の技術革新の上に築かれており、たとえ戦争がなくても、技術革新はおそらく加速度的な速さで起こったに違いない。

    冷戦の特異さは客観的に言って世界戦争の直接的な危険はなかったという点にあった。
    冷戦のもっとも明白な様相は軍事対決であり、西側ではますます熱狂的になっていった核兵器の競争だったが、それが主要な冷戦の影響ではなかった。核兵器は使われなかった。
    冷戦は初めから不平等な勢力の間の戦いだった。
    冷戦の終わりは、たとえそれが資本主義世界経済の大きな危機、ソ連とその体制の最終的な危機と時をおなじくしなかったとしても、その帰結はいずれにせよ大きなものであったに違いない。

  • その時代を語らせるには、実際に経験した歴史家に語らせるのがよい。
    第三世界や自身の未体験エリアに対する洞察力の鋭さが、
    逆に昭和史を別の観点から考察する助けになるのだ。
    特に、戦間期(1918〜1945)の記載が秀逸。
    現代文化を比較的肯定的に捉えるのも良い。

全2件中 1 - 2件を表示

エリック・ホブズボームの作品

ツイートする