現代日本の異体字―漢字環境学序説 (国立国語研究所プロジェクト選書)

制作 : Eric Long 
  • 三省堂 (2003年11月発売)
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
  • 11人登録
  • 2レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (318ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784385361123

作品紹介

身の回りにある漢字の「形」を徹底調査。異体字の使用実態を新聞・百科事典・地名から空前の規模で調査・分析。「好み」の字体、「なじみ」のある字体を認知心理学の手法で解明した初の試み。「字体・字形・書体」「正字・俗字・誤字」「人名漢字・表外漢字・JIS漢字」などの用語も詳説。

現代日本の異体字―漢字環境学序説 (国立国語研究所プロジェクト選書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • [ 内容 ]
    身の回りにある漢字の「形」を徹底調査。
    異体字の使用実態を新聞・百科事典・地名から空前の規模で調査・分析。
    「好み」の字体、「なじみ」のある字体を認知心理学の手法で解明した初の試み。
    「字体・字形・書体」「正字・俗字・誤字」「人名漢字・表外漢字・JIS漢字」などの用語も詳説。

    [ 目次 ]
    序論 漢字環境学とは何か
    第1章 異体字とは(異体字とは;異体字の分類)
    第2章 異体字の使用状況とその背景(新聞の異体字;百科事典の異体字;地名の異体字)
    第3章 異体字の認知科学(字体認知とカテゴリー化;異体字認知の研究;異体字に関する好み・なじみ調査の方法;好み調査の結果;なじみ調査の結果;字体認知の説明モデル;異体字認知の発生源はどこか;字体への接触意識と使用頻度)
    第4章 漢字の様々な集合とその字体(常用漢字・学習漢字;表外漢字字体表;人名用漢字;JIS漢字;ユニコード)

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 【目的】

    【引用】

    【感じたこと】

    【学んだこと】

全2件中 1 - 2件を表示

笹原宏之の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

現代日本の異体字―漢字環境学序説 (国立国語研究所プロジェクト選書)を本棚に登録しているひと

ツイートする