現代日本の異体字―漢字環境学序説 (国立国語研究所プロジェクト選書)

  • 三省堂
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 12
感想 : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (318ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784385361123

作品紹介・あらすじ

身の回りにある漢字の「形」を徹底調査。異体字の使用実態を新聞・百科事典・地名から空前の規模で調査・分析。「好み」の字体、「なじみ」のある字体を認知心理学の手法で解明した初の試み。「字体・字形・書体」「正字・俗字・誤字」「人名漢字・表外漢字・JIS漢字」などの用語も詳説。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • [ 内容 ]
    身の回りにある漢字の「形」を徹底調査。
    異体字の使用実態を新聞・百科事典・地名から空前の規模で調査・分析。
    「好み」の字体、「なじみ」のある字体を認知心理学の手法で解明した初の試み。
    「字体・字形・書体」「正字・俗字・誤字」「人名漢字・表外漢字・JIS漢字」などの用語も詳説。

    [ 目次 ]
    序論 漢字環境学とは何か
    第1章 異体字とは(異体字とは;異体字の分類)
    第2章 異体字の使用状況とその背景(新聞の異体字;百科事典の異体字;地名の異体字)
    第3章 異体字の認知科学(字体認知とカテゴリー化;異体字認知の研究;異体字に関する好み・なじみ調査の方法;好み調査の結果;なじみ調査の結果;字体認知の説明モデル;異体字認知の発生源はどこか;字体への接触意識と使用頻度)
    第4章 漢字の様々な集合とその字体(常用漢字・学習漢字;表外漢字字体表;人名用漢字;JIS漢字;ユニコード)

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 【目的】

    【引用】

    【感じたこと】

    【学んだこと】

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1965年、東京生まれ。早稲田大学大学院教授。早稲田大学文学研究科博士後期課程単位取得。博士(文学)。日本漢字学会理事、日本語学会評議員。文化審議会の常用漢字、法務省の人名用漢字・戸籍統一文字、経済産業省のJIS漢字などの策定・改正に携わる。『日本語の研究』『新明解国語辞典』『現代の国語』『日本語学』の編集委員、NHK放送用語委員なども務める。著書に『日本の漢字』(岩波新書)、『訓読みのはなし』『方言漢字』(ともに角川ソフィア文庫)、『漢字の歴史』(ちくまプリマー新書)、『謎の漢字』(中公新書)、『漢字ハカセ、研究者になる』(岩波ジュニア新書)などがあり、『国字の位相と展開』(三省堂)で第35回金田一京助博士記念賞、第11回立命館白川静記念東洋文字文化賞を受賞。

「2022年 『漢字はコワくない』 で使われていた紹介文から引用しています。」

笹原宏之の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×