「百学連環」を読む

著者 :
  • 三省堂
5.00
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 52
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (528ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784385365220

作品紹介・あらすじ

西周の私塾での講義「百学連環」は当時の西欧諸学を相互の連関の中で見渡そうとする試みであった。その講義録を現代の言葉に置き換え精読することで、文化の大転換期に学術全体をどう見ていたかに迫る。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 貸し出し状況等、詳細情報の確認は下記URLへ
    http://libsrv02.iamas.ac.jp/jhkweb_JPN/service/open_search_ex.asp?ISBN=9784385365220

  • 3,200円 A5判 528頁 978-4-385-36522-0
     西周の私塾での講義「百学連環」は当時の西欧諸学を相互の連関の中で見渡そうとする試みであった。その講義録を現代の言葉に置き換え精読することで、文化の大転換期に学術全体をどう見ていたかに迫る。
    https://www.sanseido-publ.co.jp/publ/gen/gen2lang/hyakgakrenkyom/

    ・WEB上の連載。
    http://dictionary.sanseido-publ.co.jp/wp/table_of_contents/%E5%B1%B1%E6%9C%AC%E8%B2%B4%E5%85%89%E3%81%95%E3%82%93%E3%80%8C%E7%99%BE%E5%AD%A6%E9%80%A3%E7%92%B0%E3%80%8D%E3%82%92%E8%AA%AD%E3%82%80/


    【簡易目次】
    第1章 どんな文書か 014
    第2章 「百学連環」とはなにか 031
    第3章 「学」とはなにか 080
    第4章 「術」とはなにか 099
    第5章 学と術 116
    第6章 観察と実践 145
    第7章 知行 152
    第8章 学術 177
    第9章 文学 193
    第10章 学術の道具と方法 233
    第11章 論理と真理 267
    第12章 真理を知る道 300
    第13章 知をめぐる罠 347
    第14章 体系と方法 385
    第15章 学術の分類と連環 407

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

山本貴光(やまもと たかみつ)
1971年生まれの文筆家・ゲーム作家。1994年慶應義塾大学環境情報学部卒業後、コーエーにてゲーム制作(企画/プログラム)に従事。2004年よりフリーランス。多方面に及ぶ業績がある。
著書に『投壜通信』(本の雑誌社)、『文学問題(F+f)+』(幻戯書房)、『「百学連環」を読む』(三省堂)、『文体の科学』(新潮社)、『世界が変わるプログラム入門』(ちくまプリマー新書)、『コンピュータのひみつ』(朝日出版社)など。
共著に『高校生のためのゲームで考える人工知能』(三宅陽一郎との共著)、『脳がわかれば心がわかるか――脳科学リテラシー講座』(吉川浩満との共著、太田出版)など。
訳書に、サレン/ジマーマン『ルールズ・オブ・プレイ』(ソフトバンククリエイティブ)、ジョン・R・サール『Mind――心の哲学』(吉川浩満との共訳、朝日出版社)、 『先史学者プラトン 紀元前一万年―五千年の神話と考古学』(國分功一郎序文、吉川浩満共訳、朝日出版社)など。

「百学連環」を読むのその他の作品

「百学連環」を読む Kindle版 「百学連環」を読む 山本貴光

山本貴光の作品

ツイートする