「百学連環」を読む

著者 : 山本貴光
  • 三省堂 (2016年8月1日発売)
5.00
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :48
  • レビュー :2
  • Amazon.co.jp ・本 (528ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784385365220

作品紹介・あらすじ

西周の私塾での講義「百学連環」は当時の西欧諸学を相互の連関の中で見渡そうとする試みであった。その講義録を現代の言葉に置き換え精読することで、文化の大転換期に学術全体をどう見ていたかに迫る。

「百学連環」を読むの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 貸し出し状況等、詳細情報の確認は下記URLへ
    http://libsrv02.iamas.ac.jp/jhkweb_JPN/service/open_search_ex.asp?ISBN=9784385365220

  • 3,200円 A5判 528頁 978-4-385-36522-0
     西周の私塾での講義「百学連環」は当時の西欧諸学を相互の連関の中で見渡そうとする試みであった。その講義録を現代の言葉に置き換え精読することで、文化の大転換期に学術全体をどう見ていたかに迫る。
    https://www.sanseido-publ.co.jp/publ/gen/gen2lang/hyakgakrenkyom/

    ・WEB上の連載。
    http://dictionary.sanseido-publ.co.jp/wp/table_of_contents/%E5%B1%B1%E6%9C%AC%E8%B2%B4%E5%85%89%E3%81%95%E3%82%93%E3%80%8C%E7%99%BE%E5%AD%A6%E9%80%A3%E7%92%B0%E3%80%8D%E3%82%92%E8%AA%AD%E3%82%80/


    【簡易目次】
    第1章 どんな文書か 014
    第2章 「百学連環」とはなにか 031
    第3章 「学」とはなにか 080
    第4章 「術」とはなにか 099
    第5章 学と術 116
    第6章 観察と実践 145
    第7章 知行 152
    第8章 学術 177
    第9章 文学 193
    第10章 学術の道具と方法 233
    第11章 論理と真理 267
    第12章 真理を知る道 300
    第13章 知をめぐる罠 347
    第14章 体系と方法 385
    第15章 学術の分類と連環 407

全2件中 1 - 2件を表示

「百学連環」を読むのその他の作品

「百学連環」を読む Kindle版 「百学連環」を読む 山本貴光

山本貴光の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
夏目漱石
トーマス・セドラ...
トマ・ピケティ
エラ・フランシス...
山本 貴光
森田 真生
有効な右矢印 無効な右矢印

「百学連環」を読むはこんな本です

ツイートする