漢字の現在―リアルな文字生活と日本語 (Word-Wise Book)

著者 :
  • 三省堂
4.50
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 22
感想 : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (222ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784385365244

作品紹介・あらすじ

漢字は中国の文字である。そして漢字は象形文字である。漢字は表意文字である。漢字は奥深く、記号とは違うものだ。ゆえに漢字は表現力に富む。漢字を使うと単語を強調して表現できる。…漢字に関する言説は、世上にかくのごとく、決まり文句やときに格言のようになって流布している。どれをとっても、その通りだと言えそうだが、実際に日本で使用されている一つ一つの漢字に、きちんと当てはまるものだろうか。漢字には多面性が付与されており、個々の例をよく観察したならば、すぐに疑問を差し挟まざるをえないものが目の前にあったことに気付くに違いない。-では、日本の漢字とは何なのか。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 筆者の笹原宏之さんは、漢字、とりわけ国字の専門家で、『国字の位相と展開』(三省堂)という国字に関する厚い専門書を出している。もっとも、ぼくが最初に笹原さんを知ったのは岩波新書の『日本の漢字』を読んだときで、いい意味での「漢字オタク」の存在に驚嘆した。本書は、笹原さんが三省堂のホームページの連載したものをまとめたもので、第一章は現代日本の漢字のさまざまな姿の観察記録であり、第二章は「海外から見た・海外に見る漢字の現在」である。本書の副題が「リアルな文字生活と日本語」とあるように、日々の生活に見る漢字の諸相はとても興味深い。ただ、ぼくとしては第2章がとりわけ印象的であった。それは、ベトナム、韓国、中国の漢字、漢語のリアルな報告で、ベトナム語、韓国語では、それぞれの言語の漢字で書かれない漢語の実態に迫っていて、田中克彦さん(『漢字は日本語を滅ぼす』)ではないが、漢語は必ずしも漢字で書かれる必要はないということばを思い出した。円(圓)と元とウォンが同じであることの指摘はなるほどと思ったが、圓が硬貨でのみ元と書かれ、お札で元と書かないのはなぜかまだ疑問が残る。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

1965年、東京生まれ。早稲田大学大学院教授。早稲田大学文学研究科博士後期課程単位取得。博士(文学)。日本漢字学会理事、日本語学会評議員。文化審議会の常用漢字、法務省の人名用漢字・戸籍統一文字、経済産業省のJIS漢字などの策定・改正に携わる。『日本語の研究』『新明解国語辞典』『現代の国語』『日本語学』の編集委員、NHK放送用語委員なども務める。著書に『日本の漢字』(岩波新書)、『訓読みのはなし』『方言漢字』(ともに角川ソフィア文庫)、『漢字の歴史』(ちくまプリマー新書)、『謎の漢字』(中公新書)、『漢字ハカセ、研究者になる』(岩波ジュニア新書)などがあり、『国字の位相と展開』(三省堂)で第35回金田一京助博士記念賞、第11回立命館白川静記念東洋文字文化賞を受賞。

「2022年 『漢字はコワくない』 で使われていた紹介文から引用しています。」

笹原宏之の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×