イタリア料理教本〈上〉

著者 :
  • 柴田書店
4.10
  • (5)
  • (1)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 16
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (239ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784388058471

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • なぜ日本人シェフは〜 からのリファレン ス。

    イタリア料理がどのように分類されていて 各地区ごとにどのように違っているのかが 良く整理されている一冊。 シェフたちが教科書としていたこういう一冊に遡及的に触れられるのは、今日のイタ リア料理にいたる同産業に携わる人たちの 努力と発展に触れられるようで何か嬉し い。

  • イタリア料理の歴史、地域による違いなどが解説されています。食べる専門の人でも、この本は楽しめます。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1946年生まれ。64年ホテルニューオータニ入社。66年にローマのE.N.A.L.C(エナルク/国立職業訓練学校。現在は県立)に入学し、卒業後にローマのリストランテとホテルで修業する。69年に帰国して71年より「カーザ・ピッコラ」(東京・麹町、現在は閉店)のシェフ、77年に独立してリストランテ「カピトリーノ」(東京・西麻布)を開く。89年の「日本イタリア料理協会」発足時に初代会長に就いて、都合6年間を務める。08年末、31年間にわたる店の歴史を閉じ、現在はイタリア居酒屋「エル・カンピドイオ」を営業するかたわら、料理界きっての博学を生かして料理講習会や執筆活動でイタリア料理の啓蒙に努める。

「2017年 『イタリア料理小辞典』 で使われていた紹介文から引用しています。」

吉川敏明の作品

ツイートする