笠原将弘の和サラダ100: おかずにもなる、つまみにもなる

著者 : 笠原将弘
  • 柴田書店 (2013年6月1日発売)
3.25
  • (0)
  • (1)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :42
  • レビュー :4
  • Amazon.co.jp ・本 (120ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784388061693

作品紹介・あらすじ

テレビや雑誌でもおなじみ、日本料理店「賛否両論」の笠原将弘氏の初のサラダ本の登場です。

アイデアフルな著者の本領発揮! バラエティに富んだ、個性的なサラダが集まりました。

毎日の食卓を彩る主菜・副菜として、日本酒やビール、ワインなどのお酒に合わせて楽しむおつまみとして、

あるいはパーティやおもてなしの一皿にもと、とにかく使えるサラダが満載です。

三杯酢ドレッシングや胡麻ドレッシング、塩昆布ドレッシング、きのこドレッシングなど、

使い勝手のいい自家製和風ドレッシングも覚えておくととても便利。

笠原将弘の和サラダ100: おかずにもなる、つまみにもなるの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 芝田書店の書籍案内を見て購入。料理本を中身を見ずに購入したのは初めてだ。
    勘は当たった。なかなかよい。
    ”和サラダ”と書かれているが、材料も組み合わせもバラエティーに富んでいる。
    白胡麻油を早速買って使ってみようと思う。

  • 和とサラダのコラボ。やはり、斬新なメニューが多い。けど、試したくなる。そんなレシピばかり。

  • 本屋で一目ぼれして購入。

全4件中 1 - 4件を表示

笠原将弘の作品

笠原将弘の和サラダ100: おかずにもなる、つまみにもなるはこんな本です

ツイートする