フードを包む:基本からわかる150 のラッピングアイディア+40 のおいしいレシピ

著者 :
  • 柴田書店
3.57
  • (3)
  • (4)
  • (6)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 79
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (152ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784388061808

作品紹介・あらすじ

1997年初版刊行のロングセラー「フードラッピング」の著者による、新たなラッピング本の登場です。
基本のテクニックは押さえつつ、著者らしいユニークなアイディアが満載。
ストックしておいた空き箱や缶、身近にある普通の紙や紙袋、毛糸、ひもなどを使ってできるエコラッピングを中心に、手作りのラッピングペーパーやラベル、風呂敷や折り紙を応用して包む、新しくてどこか懐かしいアイディアもいっぱい。

きっと誰かに贈りたくなる、魅力的なフードも合わせて多数ご紹介しています。
ウエディングやバレンタインなど、記念日のアイディアもご参考に。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ラッピングアイデアなので厳密にはジャンルは違いますが
    とりあえず料理ジャンルへ仕分け。

    「これどうすりゃいいの?」と困るけど持ち歩きたい
    食材のアイデアラッピングが満載。
    ピザの1枚まんま包みとか使いたいですね。紙コップドギーバックもちょっとしたものなら使えそう。

    中には「それはどうだろう」と思うアイデアもありますが子供が喜びそうだったり斬新だったり、見ているだけでも結構楽しいです。
    ちょっとしたレシピも載っているので、贈り物に悩むお菓子作りの好きな人にはお役立ちの一冊なのではないでしょうか。

  • Contents:おいしい包みはシンプル、そして美しい…他、基本の包む;ホール包みの基本…他、贈るアイディア飾るアイディア;紐と毛糸と糸で包む…他、人が集まるラッピング;レースペーパーウエディング1…他、レシピ;りんごといちごのオープンパイ…他

  • 実用的でかわいくって最高。

  • 2014.9.23市立図書館
    「CREA」本の特集で、長尾智子さんの紹介している3冊のひとつ。
    包み方も、おかしのレシピも、手元において少しずつ試してみたくなる。手作りお菓子を配ったり持ち歩くことはほぼないけれど、包む方はいろいろに応用可能だしね。

  • 色々なラッピングを紹介されていて、昔ながらの包装はほんとによく出来てるな~と思いました。

  • 色々な包み方が載っていて見てるだけでもたのしくなる。

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

菓子研究家。新宿高野に就職後、独立。書籍や雑誌で提案するフルーツレシピが人気。著書に『野菜、果物、ハーブで作るフレーバーウォーター』(文化出版局)、『新しいサラダ』(KADOKAWA)、『季節の果物でジャムを炊く』(立東舎)など多数。

「2018年 『いちじく好きのためのレシピ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

福田里香の作品

フードを包む:基本からわかる150 のラッピングアイディア+40 のおいしいレシピを本棚に登録しているひと

ツイートする
×