キルケゴール (センチュリーブックス 人と思想 19)

著者 :
  • 清水書院
3.24
  • (0)
  • (6)
  • (10)
  • (0)
  • (1)
  • 本棚登録 :63
  • レビュー :3
  • Amazon.co.jp ・本 (216ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784389410193

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • わかりやすくて、また読みたいと思った記憶がる

  • キルケゴールの著作11冊の内容を簡潔に紹介している本。キルケゴールの思想は、審美的生、倫理的生、宗教的生と深まっていく質的弁証法として理解することができる。本書では、キルケゴール自身の規定に沿って、各著作を重点やスタイルに応じて「審美的著作」「倫理的著作」「宗教的著作」の3種類に分類している。

    「倫理的著作」に関する章では、ヘーゲルよりソクラテスに、ソクラテスよりイエスに学ぶべきだというキルケゴールの実存哲学的立場が解説されている。ヘーゲル哲学では、論理的な体系の中で存在の必然的な移行が語られるが、これは「生成」を「存在」に取り込んでしまうことである。キルケゴールは、永遠的・普遍的な「本質」ではなく、自由による飛躍としての「生成」を重視する。こうした彼の立場から見ると、ソクラテスの「無知」も「知」を前提している。すべての人間は永遠の真理を自分自身の内に持っており、それを認識することができるということが、ソクラテスの「助産術」の前提となっている。

    だが、イエスについては、人間の姿を持ったイエスが神であるということを、人間の知性は見分けることができないということが前提になっている。ここでは、教師は真理を認識するための機縁ではなく、教師と弟子との出会いそのものが決定的な意義を持つことになる。

    そして「宗教的著作」に関する章で、ふたたびソクラテスとイエスの対比がおこなわれている。ソクラテスは最後の希望として神を見いだしながら、みずからの自由意志によってその神から背き去った。これは「罪としての絶望」だとキルケゴールは言う。他方、罪人として殺された殉教のイエスは、神という至高の存在が卑賤な罪人として歴史の中に啓き示されたという矛盾を示している。ここには、イエスとの生の共同が価値あるものだということはまったく示されておらず、躓きのしるしだけが示されている。だがキルケゴールはここに、人間を自由なものとする神の深い愛を見るのである。

  • 久しぶりの読書。キルケゴールの圧倒的な実存的人生と思想をコンパクトにまとめた良書。思想と信仰において「実存」にたどり着いたということは、言い換えることのできないかけがえのない内的な発見である。彼の生涯は苦悩に満ち、誰かが手を差し伸べることをできるものではなかったが、弛まず倦まず、自分の内なる声に耳を傾け進み続けた男は、歴史に名を刻む。
     新約聖書のへブル書を開くとこのような言葉がある。
    「これらの人は皆、信仰を抱いて死んだ。まだ約束のものは受けていなかったが、はるかにそれを望み見て喜び、そして、地上では旅人であり寄留者であることを、自ら言い表した」
     多くの偉人たちはかくの如く生き死んでいったが、キルケゴールも同じく、そしてより色濃く苦悩し死んでいった。しかし彼はその思想と信仰によって、我々に証されているのである。

    12/12/11

全3件中 1 - 3件を表示

キルケゴール (センチュリーブックス 人と思想 19)のその他の作品

工藤綏夫の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
フランツ・カフカ
マックス ウェー...
キェルケゴール
ヘミングウェイ
有効な右矢印 無効な右矢印

キルケゴール (センチュリーブックス 人と思想 19)はこんな本です

ツイートする