ホッブズ (Century Books―人と思想)

著者 :
  • 清水書院
4.50
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 16
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (228ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784389410490

作品紹介・あらすじ

「人と思想」は、世界の有名な大思想家の生涯とその思想を、当時の社会的背景にふれながら、立体的に解明した思想の入門書です。第一編の生涯編で、思想家の生涯を交友関係や、エピソードなどにもふれて、興味深く克明に記述、第二編では、その主要著書を選択して、概説とその中心となる思想を、わかりやすく紹介してあります。平易な記述と生き生きとした表現を心がけ、新鮮な印象が残るように努めました。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ホッブズについてのことが良く理解できた。
    しっかりとこれからも勉強していきたいと思う。

  • ホッブズが好きなので、リヴァイアサンを紹介しようと思ったら、コードがないので、タイトルを出せません。もう少し、古典を大事に扱って欲しいものです。何が尊敬できると言って、1日中タバコを吹かしながら90歳まで生きたことでしょう。どんな哲学もホッブズのこの人生にあっては無意味となるはずはありませんが、そんなに葉巻が好きだったんですか。
    <div class="booklog-all" style="margin-bottom:10px;"><div class="booklog-img" style="float:left; margin-right:15px;"><a href="http://www.amazon.co.jp/gp/product/4389410490%3ftag=ieiriblog-22%26link_code=xm2%26camp=2025" target="_blank"><img src="http://images.amazon.com/images/P/4389410490.09._SCMZZZZZZZ_.jpg" class="booklog-imgsrc" style="border:0px; width:100px"></a><br></div><div class="booklog-data" style="float:left; width:300px;"><div class="booklog-title"><a href="http://www.amazon.co.jp/gp/product/4389410490%3ftag=ieiriblog-22%26link_code=xm2%26camp=2025" target="_blank">ホッブズ</a></div><div class="booklog-pub">田中 浩 / 清水書院(2006/04)</div><div class="booklog-info" style="margin-top:10px;">Amazonランキング:41299位<br>Amazonおすすめ度:<img src="http://booklog.jp/img/0.gif"><br></div><div class="booklog-link" style="margin-top:10px;"><a href="http://www.amazon.co.jp/gp/product/4389410490%3ftag=ieiriblog-22%26link_code=xm2%26camp=2025" target="_blank">Amazonで詳細を見る</a><br><a href="http://booklog.jp/asin/4389410490/via=fuminori" target="_blank">Booklogでレビューを見る</a> by <a href="http://booklog.jp" target="_blank">Booklog</a><br></div></div><br style="clear:left"></div>

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

田中 浩
1926年生まれ。法学博士、政治学・政治思想専攻。一橋大学名誉教授。『田中浩集』全10巻(未來社)のほか、編著に『国家思想史』『日本の国家思想』(青木書店)、『近代日本のジャーナリスト』『現代世界と国民国家の将来』(御茶の水書房)、『思想学の現在と未来』『ナショナリズムとデモクラシー』『EUを考える』(未來社)ほか。共訳書にボルケナウ『封建的世界像から近代的世界像へ』(みすず書房)、ホッブズ『リヴァイアサン』(河出書房新社)、『哲学者と法学徒との対話』(岩波書店)、シュミット『政治的なものの概念』『政治神学』『大統領の独裁』『合法性と正当性』『独裁』、ミルトン『イングランド宗教改革論』『教会統治の理由』『離婚の教理と規律』『離婚の自由について』、ワトキンス『ホッブズ』、タック『トマス・ホッブズ』、フィルプ『トマス・ペイン』(未來社)ほか多数。

「2018年 『ホッブズの哲学体系』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ホッブズ (Century Books―人と思想)のその他の作品

田中浩の作品

ツイートする