コルベ (Century Books―人と思想)

  • 11人登録
  • 4.00評価
    • (1)
    • (1)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 川下勝
  • 清水書院 (1994年3月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (231ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784389411220

作品紹介

アウシュヴィッツといえば、大量虐殺が行われた死の収容所を思い浮かべる。そこに、他者のために命をなげうって、餓死監房にくだった一人の人間がいた。マキシミリアノ・コルベ神父である。自らの行動と生活によって証しする預言者、ジャーナリストとしての感覚を持つ実行の人であった。同時に、人間としての弱さも重く引きずっていた。本書は、かれ自身の言葉を辿りながら、かれ自身に語らせながら、餓死室に赴いたこの現代の預言者の姿に迫ろうとするものである。

コルベ (Century Books―人と思想)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • アウシュヴィッツ収容所で、他者の身代わりになって餓死監房で獄死することを選んだ、マキシミリアーノ・コルベ神父の評伝です。

    「人と思想」シリーズの一冊ですが、コルベ神父の行動を思想のレヴェルで考察した本というより、詩的感受性よりも数学の才能に恵まれており、軍人をめざしたこともあるこの神父のひととなりに迫ろうとしている本という印象を受けます。また、アッシジのフランシスコへの傾倒や、6年間に渡る日本での布教活動についても、詳しく紹介されています。

  • 『ぼくらの頭脳の鍛え方』
    文庫&新書百冊(立花隆選)125
    現代史

全2件中 1 - 2件を表示

コルベ (Century Books―人と思想)のその他の作品

川下勝の作品

コルベ (Century Books―人と思想)はこんな本です

コルベ (Century Books―人と思想)を本棚に登録しているひと

ツイートする