平泉の世紀 藤原清衡 (清水新書 (001))

著者 :
  • 清水書院
3.50
  • (0)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 12
感想 : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (217ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784389440015

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • (1993.11.05読了)(1988.02.06購入)
    *本の表紙より*
    「平泉の世紀」―それは、地方の一勢力が未開野蛮の地とされていた平泉に、東北全体を支配する政治都市を築きあげ、さらに中尊寺金色堂に象徴される絢爛たる王朝文化の花を咲かせたことを指していう。
    俘囚長藤原清衡は、日本古代の辺境の歴史において、前をうけ、後を定める「かなめ」の位置に立つ人物である。
    われわれは、彼を通して「平泉の世紀」の歴史を明らかにすることができるだけでなく、東北古代史の総まとめをこころみることができるのである。

    【目次】
    序 辺境の「かなめ」
    Ⅰ 奥六郡と族長制
     俘囚長の系譜
     奥六郡の司
     前九年の役
     鎮守府将軍
    Ⅱ 藤原の創業
     清原清衡
     平泉の開府
    Ⅲ 平泉の世紀
     平泉の世紀
     相伝のうらみ
     平泉文化の論理
    年譜
    参考文献

    ☆高橋富雄さんの本(既読)
    「奥州藤原氏四代」高橋富雄著、吉川弘文館、1958.12.25
    「日本史の東と西」高橋富雄著、創元新書、1972.11.10
    「征夷大将軍」高橋富雄著、中公新書、1987.03.25
    「地方からの日本史」高橋富雄著、日本放送出版協会、1987.10.01

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

1921年 岩手県に生まれる。1943年 東北大学法文学部国史学科卒業。東北大学教授、盛岡大学長、福島県立博物館長などを経て、現在 東北大学名誉教授、文学博士 ※2010年7月現在【主な編著書】蝦夷 奥州藤原氏四代 藤原清衡 征夷大将軍 もう一つの日本史 平泉の世紀

「2018年 『陸奥伊達一族』 で使われていた紹介文から引用しています。」

高橋富雄の作品

平泉の世紀 藤原清衡 (清水新書 (001))を本棚に登録しているひと

ツイートする
×