サガとエッダの世界―アイスランドの歴史と文化 (現代教養文庫)

著者 : 山室静
  • 社会思想社 (1992年8月発売)
3.53
  • (3)
  • (2)
  • (10)
  • (0)
  • (0)
  • 33人登録
  • 2レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (258ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784390114417

サガとエッダの世界―アイスランドの歴史と文化 (現代教養文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 戦士たちが血で血を洗って求めた名誉も財産も、今では物語でしかない。
    何もかもが失われた後、詩が残った。詩は美しいからだ。

    中世以前の人々は、キリスト教が異郷の人々の間に同じ価値観を打ち立てることを期待していた。それは争いのない世を願ってのことだった。(あと、政治的とか他にもいろいろあるみたいだけどよくわからない)
    宗教は平和の役には立たないと、今では誰もが知っている。

    ラックスネス
    グドブランド・トルラクソン『受難賛歌』
    ヨーン・トロッドセン
    ステファン・ステファンソン
    エイナル・クヴァラン
    グドムンド・カンバン
    ヨハン・シグールヨンソン
    グンナール・グンナルソン
    ヨーン・スヴェンソン

    アイスランドのことをちょっと知りたくなった。

  • 指輪物語の作者、トールキンに影響を与えたサガやエッダに付いて書かれている古代北欧系の英雄の物語などが紹介されている

全2件中 1 - 2件を表示

サガとエッダの世界―アイスランドの歴史と文化 (現代教養文庫)のその他の作品

山室静の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
キーヴィン クロ...
H.R.エリス ...
フランツ・カフカ
シーグルズル ノ...
有効な右矢印 無効な右矢印

サガとエッダの世界―アイスランドの歴史と文化 (現代教養文庫)はこんな本です

ツイートする