魯迅に学ぶ批判と抵抗―佐高信の反骨哲学 (現代教養文庫)

著者 :
  • 社会思想社
3.75
  • (1)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 15
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (227ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784390116305

作品紹介・あらすじ

何かにもたれかからない、何かに自分の身を預けない-自分の足で立つ、ドレイ的精神を排する思想とは何か。著者の思想的故郷-魯迅を改めて読み直す。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 魯迅の文章は、非常に皮肉やパラドックスを含んでいます。魯迅の思想や言葉が、深みや重み、あるいは軽くないものを備えているのは、その後ろに底深い虚無や絶望を秘めているからです。そそてその絶望や虚無に裏打ちされている希望があります。
    老子の思想には、徹底して出世を無化するものがあります。出世に階段を上がってうれしいか?ということと同時に階段そのものから足元から溶かしてしまう考え方がある。
    魯迅の考え方は勝てるから行くのではなく、戦わなければならないから言って戦うということであり、非常に絶望的な戦いです。しかしそれは淡々とした戦いでもあります。
    魯迅は医者になろうと思って日本にやってきたけど、身体を治すよりも心を治す必要があると感じて医者から文学者になった。
    人生で最も苦しいことは夢から覚めて行くべき道がないことであります。
    展望とかザセルという言葉があまりにも氾濫しすぎています。一度や二度失ったくらいで何も見えなくなるような展望や希望はない方がましです。展望や希望、あるいは灯りは創り出すものです。だからこそ明かりがなくとも、見えなくとも、暗黒と格闘していくのです。
    魯迅は非常にしぶとい、二枚腰、三枚腰の思想家です。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

1945年、山形県酒田市生まれ。慶應義塾大学法学部卒業。高校教員、経済誌編集長を経て、現在、ノンフィクション作家、評論家として活躍中。「憲法行脚の会」呼びかけ人の一人。「週刊金曜日」編集委員。著書に、『西郷隆盛伝説』『安倍晋三と翼賛文化人20人斬り』『誰が平和を殺すのか』『平民宰相 原敬伝説』『敵を知り己れを知らば』、共著に、『安倍政権を笑い倒す』『難局の思想』『戦争と日本人』『原発と日本人』など多数。

「2018年 『佐高信の昭和史』 で使われていた紹介文から引用しています。」

魯迅に学ぶ批判と抵抗―佐高信の反骨哲学 (現代教養文庫)のその他の作品

佐高信の作品

ツイートする