パール・バック聖書物語 (新約篇) (現代教養文庫 (1632))

  • 社会思想社
3.63
  • (1)
  • (3)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 40
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (294ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784390116329

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • パールバック著。
    ユダヤ教から分派しキリスト教が生まれた。
    その背景と政治家イエスの姿も垣間見える聖書物語。
    ローマの属国、傀儡政権のユダヤ国で圧政が続いていた。
    重税、反逆者の取り締まり、政治・宗教の腐敗のなかで、やがて民衆の支持を得て台頭するイエス。罪人、病人、貧苦に苦しむ人々の支持を得て、祖国解放のために動きはじめたイエスはやがて陥れられていく。
    イエスは武力放棄し死後伝説となる。
    時間とともに奇跡ばかりが語られるようになったが、イエスが政治的で、それゆえに罪を着せられたかを考える一冊である。

  • 11 :Anonymous:2012/12/10(月) 21:50:54 ID:y/YSY0UA0
    新約はイエスの伝道ドキュメンタリーをマタイ視点、ルカ視点、マルコ視点、ヨハネ視点で綴ったものだもんなあ。
    知らずに読んだら、「また同じ話繰り返してる、これで何度目だよ!?」ってことになりかねないしな。

    12 :Anonymous:2012/12/10(月) 21:59:10 ID:anzZZh9Y0
    そういう人たちにパールバックの聖書物語はおすすめ。
    新約篇ね。共観福音書の記述はだいたい取り入れているし、過剰な改変も無い。よく整理されている。
    旧約篇は省略が多いので、特におすすめはしないけど悪くはない。

  • -内容- 人類最大の古典『聖書』は39巻の「旧約聖書」と27巻の「新約聖書」から成っています。そのうち「旧約」は千年という長い年月をかけてヘブライ語で書かれ、「新約」は百年以上の時間をかけてギリシャ語で書かれ、編纂されました。
    本書は宣教師の娘として幼い頃から『聖書』に親しんだパール・バックが、独立した一篇の物語としても読める感銘ふかい話を、物語風に簡潔な筆致で書き改めたものです。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

中国の人々を同胞とし、その文化を紹介、中華人民共和国がいずれ世界の大国となると予見した先駆けの人。生後三か月で宣教師だった両親と中国に渡り42歳まで過ごす。コーネル大学より英語学で修士号を取得。1917年に農業経済学者と結婚、南京の北西の寒村に暮らした経験をもとに1931年に『大地』を著す。1932年にピューリッツア賞、1938年にノーベル文学賞を受賞。1934年、日中戦争の暗雲が垂れ込めると米国に永住帰国。以後、執筆活動に専念し、平和への発言、人種的差別待遇撤廃、社会的な貧困撲滅のための論陣を張った。1941年にアメリカ人、アジア人の相互理解を目的とする東西協会、1949年に国際的養子縁組斡旋機関ウェルカム・ハウス、1964年に養子を生国に留めて保護育成することを目的とするパール・バック財団を設立。1973年、米国バーモント州で80歳の生涯を閉じる。

「2019年 『終わりなき探求』 で使われていた紹介文から引用しています。」

パール・バックの作品

ツイートする
×