シャーロキアン殺人事件 (現代教養文庫―ミステリ・ボックス)

制作 : Anthony Boucher  仁賀 克雄 
  • 社会思想社 (1995年1月発売)
4.00
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • 11人登録
  • 2レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (402ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784390130455

シャーロキアン殺人事件 (現代教養文庫―ミステリ・ボックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • アメリカのホームズ映画の出来に憤慨するシャーロキアンという、何とも読者の共感得そうな導入で始まる話。意外に年代が古い。ナチスとかヒトラーとかあえて1940年代を舞台にしてるのかと思ってたら、実際書かれた時代もそのくらいだったらしい。まあ、トリックはすぐ分かる代物なので、純粋にお話として楽しむのが良い。なかなかにテンポよく尚且つ読者の興味を引きつけたまま進むので読んでいて面白い。タイトルの安っぽさの割にはなかなか楽しめた

  • ハリウッドでホームズ映画が作られる事になり、映画会社がシャーロッキアン達を招いたパーティを開くが、そこで殺人事件が。被害者は、正典を冒涜するような脚本を書いていたこの映画の脚本家だった。

    ホームズ通ぶった素人たちが推理合戦を繰り広げるのが面白いです。

全2件中 1 - 2件を表示

アントニー・バウチャーの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

シャーロキアン殺人事件 (現代教養文庫―ミステリ・ボックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする