ブルーもしくはブルー (宙ブックス―ハンディハードカヴァーズ)

著者 :
  • 宙出版
3.25
  • (0)
  • (4)
  • (12)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 33
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (269ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784391114942

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 藍,或另一種藍

  • ドッペルゲンガーのお話・・
    ドイツ語で、英語でいえばdouble、
    自分そっくりの分身のこと。
    ドイツの伝説では、ドッペルゲンガーを見た者は数日のうちに必ず死ぬ、といわれているらしい。

    山本文緒さんの作品のなかでは、めずらしく
    非現実的な作品
    2人の主人公は主婦、みためも声もすべてそっくり、名前も同じ、
    生活と性格がまるで違う2人がある日出会い、
    入れ替わることになりお互いの生活をしていく。

    誰でも二重人格なところってあると思います。
    自分のなかで天使と悪魔が戦っているとか
    それでバランスが取れていたりする。
    そんな天使と悪魔がばらばらに生きてしまったら、怖いですねー。
    そう結構怖いお話です。

    そして「他人の芝は青く見える」
    主人公の2人の蒼子のアオと芝生のアオをかけてるのかな?

    山本文緒さんの作品をはじめて読む人は、
    ちょっとお勧めはできないかな。

    ちなみに私は、
    ドッペルゲンガーに会ったことありますよ。
    あれから、10年くらいは生きてますぅ。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1962年11月13日横浜生まれ。 神奈川大学卒業後、OL生活を経て、87年「プレミアム・プールの日々」でコバルト・ノベル大賞、佳作受賞。 99年「恋愛中毒」で第20回吉川英治文学新人賞、 2001年「プラナリア」で第124回直木賞受賞。

「2016年 『カウントダウン』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ブルーもしくはブルー (宙ブックス―ハンディハードカヴァーズ)のその他の作品

山本文緒の作品

ツイートする