他人の家計簿―ニート、秋葉系、株セレブ…格差社会を生きる若者たちのお金事情

  • 52人登録
  • 2.97評価
    • (1)
    • (2)
    • (23)
    • (3)
    • (1)
  • 11レビュー
  • 主婦と生活社 (2006年6月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (121ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784391132762

他人の家計簿―ニート、秋葉系、株セレブ…格差社会を生きる若者たちのお金事情の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ためになります。お金のことってあんまり詳しく他人に聞けないので、こういう本がばんばんでてほしいです。結婚だ子供だでお金のいる20.30代……

  • 逗子図書館

  • いささかデータが古めだが、今も通用する内容。

  • こんなに一度にたくさんの家計簿を見たのは初めて。次は、老人世帯とか高所得者層とかも見てみたいと思った。

  • 一人暮らしする際のためになった^^
    自分と違う世界の生活感覚や人間模様見え隠れして面白いです。

  • 自分の家計があまり一般的ではないようなので、他所様はどうなんだろうと思って。

    同年代の人を中心に比べてみたけど、うーん、自分とかけ離れている感じはしなかったなぁ。気になるとすれば、まとめられそうな通信費が4項目くらいある人とかか。

    違うのは、家賃負担(我が家は半分以上会社持ち)と、食費の額かな。というか、毎日ほぼ自炊の1人暮らしで食費が4万超って逆にどういう食生活してるのか聞きたい。

    ここ数年は家計簿をつけていないので、この本を読んでたら貯金できてるのか不安になってきた。最近お金遣い荒くなってる気がするし、来月あたりつけてみようかな……。

  • ちょっと昔ではあるけども、人の給料とか生活費とか見るのって面白いよね。
    皆さん以外と家賃の高いところに住んでるんだなって思いました。

  • 数字って怖い…

  • 格差社会の若者を中心にしたからかもしれないけど、正社員でも結構、お給料が少ない!!
    年齢万円ぐらい貰ってるかと思ったけど、意外でした・・・・・

  • この本は10代〜30代の様々な職業の人の1ケ月の家計簿を紹介しています。今、最も気になることは「自分の将来」と「同世代の動向」の私はとっても興味深く読みました。自分はあまり稼いでないと思ってたけど、案外普通?若者の収入が1部の人を除き、思ったより少なくて凹みます。格差社会を実感しました。

全11件中 1 - 10件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
又吉 直樹
ロバート キヨサ...
有効な右矢印 無効な右矢印

他人の家計簿―ニート、秋葉系、株セレブ…格差社会を生きる若者たちのお金事情はこんな本です

ツイートする