藤木勇人の沖縄妄想食堂―食べるよりウマい!読むウチナー料理

著者 : 藤木勇人
  • 主婦と生活社 (2007年9月発売)
4.00
  • (1)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • 10人登録
  • 3レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (127ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784391134124

藤木勇人の沖縄妄想食堂―食べるよりウマい!読むウチナー料理の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 藤木勇人さん。知らなかったんですが(すみません)、
    りんけんバンドを経て、「ちゅらさん」にも出演されており、
    今は沖縄について語る”うちな〜噺家”として活躍中、とのこと。

    そんな作者のプロフィールを知らずに手に取った
    私のような人でも、もうじゅう〜ぶんに楽しめる内容でした。
    沖縄の食べ物が好きならば。
    最初っから「次はじぇったいナーベーラー」だもん、
    沖縄に行ってはじめてへちまを食べて、そのおいしさに思わず
    旅行後に八百屋の店先にへちまの姿を探してしまったことが
    ある人なら(や、なくても)きっと楽しめる本だと思います。

    へちま、島豆腐、豚、魚、海藻、てんぷら、スバ、
    ジューシー、ソーミン、野菜、パパヤー、ゴーヤー、
    ターウム、島らっきょう、島にんじん、ハンダマー、
    さとうきび、ポーク、サーターアンダギー、泡盛・オリオン。
    これが、藤木さんの語り口調で(つまりウチナー言葉で)
    つづられていくわけよ。もう、読むだけで沖縄気分さぁ。
    ・・・って、つい自分の頭の中でも、かつて沖縄で聞いた
    独特のイントネーションがよみがえってきて、
    あやしげな沖縄言葉をあやつりたくなっちゃうくらいです。
    ただ「こんなものがありますよー」と
    食材を紹介しているのではなく、沖縄の歴史とか、
    生活習慣とか、食べものの背景にも
    触れていてくれるので、より興味深い。
    写真もいっぱいで、おいしそう。

    そして私はこれを読んで、今度沖縄に行ったら
    シリシリー器を買ってこようと心に決めたのでした。
    あと沖縄手帳。
    忘れないように、書いておかなくちゃ。

  • 藤木勇人が沖縄のおいしい食べ物をいっぱい紹介してくれる本。お値段が高すぎるのが難点だけど、写真もきれいで内容も充実してるから仕方ないかも。アマゾンとかで古本を安く手に入れればラッキー。ちなみにわたしはブックオフで105円でゲット(笑)。
    沖縄好きにとってはさほど目新しい話題はないけど、あの藤木さんの語り口に乗って紹介されるとやっぱり楽しい。個人的には「クリントンとサータアンダギーの出会い」がなかなかイイ話だと思います。

  • 帯表
    沖縄はこの男で笑っていたのかー立川志の輔
    沖縄料理にまつわる愛すべき逸話と抱腹絶倒の珍談が今、明かされる。
    帯裏
    食べられるのはクマゼミだけさあ

全3件中 1 - 3件を表示

藤木勇人の沖縄妄想食堂―食べるよりウマい!読むウチナー料理のその他の作品

藤木勇人の沖縄妄想食堂 Kindle版 藤木勇人の沖縄妄想食堂 藤木勇人

藤木勇人の作品

藤木勇人の沖縄妄想食堂―食べるよりウマい!読むウチナー料理はこんな本です

藤木勇人の沖縄妄想食堂―食べるよりウマい!読むウチナー料理を本棚に登録しているひと

ツイートする