自伝ドクター苫米地 脳の履歴書

著者 :
  • 主婦と生活社
3.63
  • (14)
  • (12)
  • (16)
  • (5)
  • (2)
本棚登録 : 159
レビュー : 12
  • Amazon.co.jp ・本 (232ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784391135251

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 出てくる話の規模が大きくて読んでいてドキドキした。すごい世界を渡り歩いてこられてるのだなぁ…だから、こんなに言葉が深いのかと納得してしまった。
    天才の人生とはどんなものか。
    それをのぞき見る感覚が新鮮だった。

  • いったいこの人は、どういう人なんだろう・・・
    苫米地英人という人に興味深々なわたし。

    気づけば、3冊目だ。

    結論からいうと、この人はド天才なのだ。
    あまりにでっかい話や、夢のような話を平気でするので
    ほら吹きのペテン師かと思ったが、そうではなく
    ほんとに天才なんだ。

    人生が劇的に変わる方法を言葉を尽くして、いろんな著書で
    わたしたちに教えてくれているのだが、この人には簡単に、
    多分子供の頃からいつの間にか出来ていたような事が、
    並みの人間には、とてつもなく難しいわけだ。

    この人は生まれも恵まれており、祖父は国会議員、父は
    和光証券の社長から会長、叔父は米国三菱商事の社長とか
    とにかく、ハイソな家庭に生まれたようだ。

    中学1年の時に親の転勤でアメリカに行き、そこの中学に入ったら
    飛び級ということになり、日本でいう高校3年の学年に入ることになり、
    さらに数学では、大学の課程を勉強することになって、彼のために
    ニューヨーク大学から先生が高校に教えに来たというのだから、
    半端ない天才児だったようだ。

    しかも、スポーツでもボクシングでも奨学金をもらったというから、
    天は2物ならず、なん物も与えることがあるらしい。

    日本に帰国してからは、高校生の間から、
    塾では受験英語を教えるアルバイトをし、
    上智大学入学と同時にサイマル・アカデミーの前身の
    サイマル同時通訳者養成所にはいり、
    同時通訳として仕事を始めたそうな。

    また、通訳をやりながら、暇な時には、プログラミングも
    たしなみ、ドラクエなどのない時代にロールプレイングゲームの
    元になるようなゲームを作ってコンテストで賞をもらったりもしている。

    大学卒業後は、三菱地所に入社、社員をしながら、フルブライトで
    イエール大学に留学、その間にNYのロックフェラーセンター
    買収に携わり、ロックフェラー氏とも付き合いができたそうな。

    270人の応募者の中から、一人選ばれて留学したイエール大学で
    人口知能の研究をし、その後、カーネギーメロン大学では世界初の
    音声通訳システムを開発。

    その後、博士号をとり、徳島大学、ジャストシステムなどと
    関わり、また、オームの信者たちの洗脳をとく仕事もし、
    そして、さらには総務省の公募でP2Pに関するプロジェクトが
    一位になり、開発を進めているという。

    なんてすごい経歴なんだ~~~!
    こういう人のことを天才というのだろうなぁ。

    で、この人の理想の社会は、弱肉強食の資本主義ではなく
    みんなが仲良く平和に生きていける世界ということらしく、
    開発したP2Pのソースコードなどは、公開して万人の利益に
    なるようにするという。

    そして、次の世代をになう人材を育てる学校を作りたいとの事。

    こういう人は、能力を使えば使うほど
    やりたい事が、広がっていく人なのだなぁ・・・。
    それで、世の中にも多大な貢献ができるのだから
    うらやましいとしか言いようがない。

    あまりに凄過ぎて、開いた口がふさがらないというのが実感だが、
    この前読んだ原丈人さんといい、苫米地英人さんといい
    ポジティブな天才たちが、この閉塞感に包まれた日本と世界に
    風穴をあけてくれるような気がする。

    明治維新の坂本竜馬も凄かったのだろうけど、
    現代にも、毎日の生活に追われているわたしには見えていない
    遠くの地平線の夜明けが見えているのかもしれない。

  • 苫米地ファンとして、読まなければと思って手に取った本。他の書では語られない辛い出来事などが書かれており、唯一親近感が沸く一冊だと思う。天才とはこういう人を言うのだと納得させられる一面もあり、面白い。

  • 当時(1970年代後半)には、東大や京大には言語学がダメで、ディベートが強いのは上智しかなかった。それで作者は上智に入った。でも上智でも作者ほどのディベートが強い人はいなかった。

    学問とは学問そのものに価値がある、それ以外の目的を持つものではない。
    競争が必要だというのは騙されているだけで、うまく奴隷にされるための論理。
    人は競争しないことでよりよくなるはず。競争するから人はどんどん煩悩だらけになっていく。かつことが全てではなく、負けることがいいということを覚えなくてはならない。

  • とにかく超天才であることは間違いない!

  • これだけ突き抜けてれば、痛快。まだまだいけるかもと自分を鼓舞できました。

  • あまりにも頭が良すぎるのでしょう。私には理解できない、納得できなかった。一部を除いては。10年以内に日本は破綻するとか。数年後再読してみたい。

  • 面白い人だ

    私は一位以外には興味がない、ただし一位であればそれがどんな小さなユニットであってもかまわない。

    人は競争しないことでより良くなるはずだ>負けると言うことは相手を勝たせてあげることだ。
    課題や競争がないとひとは働かなくなる、というのはウソで、それは洗脳なのだ。よりよく勝った方がいいというのは、生産性を上げるための奴隷として理想化されているだけのことで、いかに負けるかを考えるのが重要なのだ。

    いかに負けるかを考えるということは、これは余裕だ。

  • 著者について知りたくて読書。

    ここまでくると全く嫌味に感じない所がすごい。むしろ心地いい物語を読んでいるような印章すら受ける。

    すごすぎて自分にとっての再現性がほとんど無いのが残念である。

    ぜひ、窮地の日本を救うような大きな仕事(特に教育)をして欲しいと願う。欧米型のカリスマCEOのように。

    読書時間:約1時間5分

  • 戊辰戦争はイギリスとフランスのロスチャイルド家の家族げんかの代理戦争。ドイツと日本が戦争にふみきったのはロスチャイルト家が石油の輸送を確約したからという説あり ロスチャイルト家の船は一隻たりとも沈められていない 原油をアメリカに運ぶ運送係りにあったのは彼らの参加にあった海運王のオナシス いまでも社長をしていると、いい話ありますよと嘘つきがやってくる 親の価値観をおしつけずに子供を育てることはできるはずなのだ。本人には自由な夢をもたせる。その内容は聞かないし、もちろんコメントもしない。そしてその夢の実現にやりたいことだけをする人生を送らせる スカイプインスカイプアウトでNTT株大暴落 アメリカの心理学者 ルータイス スコトーマ 心理的盲点 我々には自分にとって重要なことしか認識できない脳機能のカラクリ

全12件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

(とまべち・ひでと)1959年、東京生まれ。認知科学者(機能脳科学、計算言語学、認知心理学、分析哲学)。計算機科学者(計算機科学、離散数理、人工知能)。カーネギーメロン大学博士(Ph.D.)、同CyLab兼任フェロー、株式会社ドクター苫米地ワークス代表、コグニティブリサーチラボ株式会社CEO。

「2018年 『いい習慣が脳を変える 健康・仕事・お金・IQ すべて手に入る!』 で使われていた紹介文から引用しています。」

苫米地英人の作品

自伝ドクター苫米地 脳の履歴書を本棚に登録しているひと

ツイートする