家庭力―子どもの学力向上と幸せのために親ができること

著者 :
  • 主婦と生活社
3.17
  • (1)
  • (3)
  • (5)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 38
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (222ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784391136036

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 小学校低学年で午後9時、小学校高学年で午後10時、それ以後大学入試までは午後11時、これより早く寝ることが、その子の未来を豊かにする絶対条件だと、私は思っている。

    「読書が子どもの学力の上限を規定し、書く力が下限を規定する」

    夏休みを「七月中ーお盆までーお盆から」の三つの期間分けると良い

  • 図書館

  • 朝型の生活。
    読み書き計算。
    家庭での教育。

    いや、わかっているけどさ・・・。

  • 内容的には好感が持てるが、
    はっきりいって『学力は家庭で伸びる』とほぼカブる…という印象。

  •  最近なぜか嫁がこの類の本をよく図書館で借りて読んでいる。
     試しに読んでみたが、、、まぁ当たり前のことが並んでおりますなぁ。

全5件中 1 - 5件を表示

家庭力―子どもの学力向上と幸せのために親ができることのその他の作品

陰山英男の作品

ツイートする