ともさかりえの徒然note

  • 主婦と生活社
3.67
  • (13)
  • (16)
  • (20)
  • (4)
  • (1)
本棚登録 : 97
レビュー : 21
  • Amazon.co.jp ・本 (95ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784391137064

作品紹介・あらすじ

ともさかりえが綴る、何気ないけれどかけがえのない日常。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 病院の待ち合い時間に読了。
    ともさかさんのブログは何度か見たことがあって、芸能人でお子さんもいるけど、きちんと地に足着いた生活をされているんだなと思った。
    頑張るとこは頑張る、力を抜くとこは抜くといったスタンスも好きだな。

    金田一の頃はあんまり好きじゃなかったけど、今は好きだな。

  • 素敵。素敵だが、何年か歳を重ねた今のともさかさんのブログの文章の方がなんか好き。

  • 気になる女優さんの一部を覗けるシアワセ。ブログとはちょっと違う日常がみっちり詰まっています。

  • こういう本大好きです。生活の部分をおろそかにしない。。。ともさかさんが、以前より好きになりました。

  • やっぱり、大好きだ。
    ともさかさん。

    書くことや感じ方ももちろんだけど、
    ともさかさんの生活がとてもとても好きなんだと再認識。

    色々参考にしたい。
    あー話してみたい。

  • 苦手だった女優さんを、あるドラマをきっかけに好きになり、その後、好きだけれど、特に意識しないまま時が過ぎ、久々にBlogを覗いてみたら、そのペースが、とても、心地よくて、エッセイを探して購入。
    大正解♪
    とても、懐かしく、おだやかに、自分のペースでシンプルに居よう!と、ゆったり、ほっこりできた。
    装丁含め、紙の質感も好き。
    イラッとしたりすると開きたくなる。
    買って良かった♪

  • 憧れますー
    シンプルでこだわって静かな生活、そんなイーメジ。
    さいきんの私のバイブル☆

  • 大好きなともさかりえさんが綴る、何気ないけれどかけがえのない日常。
    食べ物だったり、装飾品だったり、いろんなこだわりが詰まってる。
    なんかすとんっと入ってくるのです、ともさかさんの文章って。もちろんブログも毎日みさせていただいてます。
    やっぱりともさかさん好きだなーと再確認。

  • ある程度の自制心と客観性を忘れなければ、酔っ払うのも悪くない。
    仲良くなりたいなら、まず同じご飯を一緒に食べる。まず歩み寄ってみる。待っていたら何も始まらないもの。
    必要なのは努力と忍耐。怠けるのは簡単だ。私はまだまだ頑張りたい。

  • 彼女のブログを読み出してファンになってしまった。
    ともさかさんの文はテンポが良くてすーっと身体に入ってくる。
    寝る前によく手にとって眺める本です。

全21件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1979年10月12日東京都生まれ。女優。12歳でCMデビュー。TVドラマ「金田一少年の事件簿」(NTV)で注目を浴び、以後、ドラマ、舞台、映画、CMなど幅広い分野で活躍。舞台の出演にも意欲的で、「鎌塚氏、振り下ろす」「虹とマーブル」などがある。近年の映画出演作は、「ちょんまげぷりん」「アブラクサスの祭」「100回泣くこと」など。子育てや料理など日々の出来事をつづったオフィシャルブログが人気。著書に『ともさかりえの徒然note』(主婦と生活社)、『中身』(幻冬舎)などがある。

「2015年 『オトナ時間。オンナ時間。』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ともさかりえの作品

ツイートする