クレープとガレットのとっておきレシピ

著者 : 黒川愉子
  • 主婦と生活社 (2009年5月発売)
3.55
  • (5)
  • (4)
  • (12)
  • (0)
  • (1)
  • 本棚登録 :76
  • レビュー :5
  • Amazon.co.jp ・本 (80ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784391137507

作品紹介

フランスらしいおいしさと温かみが感じられるクレープやガレットを楽しんでほしい。生地は混ぜるだけ、家にある道具で簡単に作れます。前日の夜に生地を仕込んでおけば、忙しい朝にもうれしい朝食に。包み方を変えれば、フィンガーフードとして、お酒にも合う一品に。もちろん楽しいおやつや、ランチ、おもてなしにもぴったりです。

クレープとガレットのとっておきレシピの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • このレシピ通りにクレープ作ると
    めちゃくちゃ美味しくできます!
    おかげで週末たまに好みの具をわんさか包んだクレープランチ
    家庭でするようになりました。

    お子さんがいる家庭とか、恋人との変わったご飯望む人とか、
    惣菜クレープやガレットって、かなりオススメです!

  • お菓子からお惣菜系までクレープとガレット(そば粉を使ったクレープ)に包んで。

  • 「テリーヌ」のレビューに「唯一料理を作っていない本」と書いたけど、この本もまだ手を付けていないことに気づく。
    理由は一つ。近所の有名な人気ガレット店でしこたまガレットを食べてしまい、しばらくガレットを食べる気分にならないからです。
    夫のために作るか・・・。

  • ガレットが食べたいと思い…
    とてもおいしそうなレシピがいっぱい。
    作りたいなァ

  •  ゆっくり起きる休日の朝食、またはブランチ。メープルシロップをたっぷりかけた、フレンチ・トーストやパンケーキ。ベーコンや、時にはアイスクリームも添えて。ポットに茶葉を入れて、丁寧に淹れた紅茶か、ドリップした、淹れ立てのコーヒーも用意して。甘党なので、すぐこんなメニューを考えてしまうが、もう少し気の利いたものはないかと思っていたら見つけた本書。クレープとガレット。クレープは甘いものという印象があるかもしれないが、立派な食事にだってなる。ガレットは、そば粉のクレープ。本書の表紙の写真がガレット。美味しそう。早速、焼いてみた。いろいろな食材をのせたり、巻いたりするだけ。簡単で美味しい。自宅でカフェ気分が味わえる、うちカフェ・メニューだ。工夫次第で、レシピの幅も広がる。これからは、きのこ類も美味しい季節。エリンギ、マイタケ、しめじ、マッシュルームなど、炒めてのせるだけでいい。玉子を落としたり、チーズをのせたりすれば、どんどん豪華になってくる。もちろん、魅惑のスイーツ・レシピもある。ミルクレープの作り方だってある。クレープを10枚焼いたら、生クリームを泡立てて、交互に重ねていくだけ。ちょっとしたコツがあるけれど、そんなに難しそうではない。自分で作ったら、どんな味になるのだろう?楽しい想像がどんどん膨らむレシピ本だ。

全5件中 1 - 5件を表示

黒川愉子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
長野 まゆみ
トミー=アンゲラ...
渡辺 麻紀
高山 なおみ
有効な右矢印 無効な右矢印

クレープとガレットのとっておきレシピはこんな本です

ツイートする