やっと。やっと!パニック障害からぬけ出せそう…

著者 :
  • 主婦と生活社
4.20
  • (2)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 11
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (223ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784391137613

作品紹介・あらすじ

何があっても仕事だけは絶対やめない!ずっと踏ん張ってきたけれど、もうダメ…。もう何もできない、何もいらない-。自分を傷つけ、遺書を書き、命を削った…。ひとりもがき苦しんだ地獄の10年をいま語る。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 大場さんは、誠実な方です。
    パニック障害を発症したのは、お母様の死がきっかけとのことですが、それまでの生い立ち、人生が、影響されているようですね。

    人生の分岐点にて、辛い時でも踏ん張って、踏ん張って、乗り越えてきた。

    薬に頼らずに自分なりに生活を見直して改善したのは、治したい一心だったのでしょう。

    同じ辛さを経験している人達の励みになる。

  • パニック障害から抜け出すヒントがないかと思って手に取った。パニック障害の症状が詳細に記載してあり、最悪の状態のときを思い出して辛かった。パニック障害のスイッチはあるときに突然入り、その後はそのくるしみから抜け出せない。みな一緒だと感じた。参考になったのは、医者、周囲の知人、薬、日々の処し方等の記載。パニック障害に特効薬はないが、最後の方に書いてあった★「ま、いいか」術★は、パニック障害に陥る人の気質を変えるうえで重要なポイントだと感じた。色々と考え過ぎない!心配しない!悩まない!…という「ま、いいか」術。日々慣れ親しみたいものだと思った。

  • 三葛館With T||493.74||パニック障害

    タレントの大場久美子さんを突然襲ったパニック障害。
    いつ襲ってくるか分からない発作への恐怖や人にその苦しさを理解してもらえないつらさ、そしてリストカットに至るまでをありのままに綴った、10年間の病との闘いの記録です。
    命にかかわる病気ではないので、なかなかその苦しさを理解されるのは難しいのかもしれません。
    本書はパニック障害がいかに大変な病気なのかを教えてくれます。

    和医大OPAC →http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=58372

  • 救われた。
    元気をもらえた。
    勇気をもらえた。
    自分のことを客観的に見直すことができた。

    どんな解説書とかよりも経験者の話の方が説得力がある。

全4件中 1 - 4件を表示

やっと。やっと!パニック障害からぬけ出せそう…のその他の作品

大場久美子の作品

やっと。やっと!パニック障害からぬけ出せそう…を本棚に登録しているひと

ツイートする