手足のないチアリーダー

著者 :
  • 主婦と生活社
3.77
  • (5)
  • (13)
  • (12)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 80
レビュー : 21
  • Amazon.co.jp ・本 (189ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784391138184

作品紹介・あらすじ

私は特別なんかじゃない。ふつうの女の子です。"先天性四肢欠損症"という障害がありながらもチアリーディングの精神で「元気を届けたい」と笑顔で生きる少女の感動物語。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 筆者と家族のやりとりや奮闘に随所で涙が流れ出てきて止まらなかった。
    タイトルにあるチアについては期待していたよりはかなり少なかった。(手足の無い子がどのようにチアリーダーとして演技をしているのかが書かれてるのかと思っていた。) チア(部活動)へ取り組みながら人と接する描写を読んでいたら、中身は本当にごく普通の女の子なのだと思わされた。筆者を参考に強く明るく前向きに生きていきたいと思う。

  • ごく普通の女の子の話。違うのは体つきだけなのだと、思わせられる。見た目で、判断すべきではないのだ。家族の葛藤もまた、納得できる。もし、我が家だったら…。ご家族のお気持ちを察したい。

  • 乙武洋匡さんの五体不満足とは、また違った側面を見せてくれた本だった。

  • 読んで感想を書かなきゃならなくて読みました。自分では読もうとしないジャンルなので、ある意味いい機会を与えてもらったと思って読みました。とかく多くを要求しがちな自分に反省を促されるような気がしました。本人も
    もちろんお母さんを特に尊敬します。

  • 2014.6.7読み終わり。手足のない、ということの伝わりよりも、悩みを解決する過程やチアのチームでの心の通い方、母への感謝への気付きなど、共感できることが多くありました。心のこもった内容でよかったです。

  • 手足があるなしではなく、何事も心の持ち用と努力かな。もちろん、周りの手助けや理解が必要なこともある。この本を読んで、障害について理解し、手助けしてくれる人が増えればいいな。

  • 2012.11.21 市立図書館

    「特別なんかじゃない、ふつうの女の子です」
    この子は、ココロがとっても健康なんだなぁって思いました。

    この子のお母さんもスゴイなぁ・・・。

  • 【内容】
    「特別なんかじゃない、ふつうの女の子」のエッセイ本

    【良い点】
    ・著者のサッパリしてるとこが良い。
    ・全体的に明るい感じ

    【悪い点】
    ・特になし

    【感想】
    泣いた。「余命一カ月の花嫁」とはちょっと違うんだけど中盤泣きました。
    昔アシュリーの本は泣いたけど、「筆談ホステス」は泣いてない。
    「五体不満足」は読んだの遥か昔過ぎて覚えてないな・・(多分小学生)
    色々上手くいかなかったとこらへんで泣きましたね。
    全体的に著者の明るさ?が前面に出ていて、さっぱりと明るい感じが良いなって思った。文章もサラッと読めて、良い感じでした。

  • 鏡像段階というのをここまではっきりと感じたことははじめてだったなぁ。
    私は人よりも大きいことを、もう3歳くらいから意識していて、
    それなりにコンプレックスをもっていたけれど、
    彼女は自分を相対的に見るまでとても時間がかかったようですね。

  • なんか・・・なんだろうな。失ったものを悔やんでくよくよしてちゃ駄目だなって再確認してしまった。

全21件中 1 - 10件を表示

手足のないチアリーダーのその他の作品

佐野有美の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする