あしたのお弁当 (mama’s cafe books)

著者 :
  • 主婦と生活社
3.83
  • (31)
  • (52)
  • (45)
  • (4)
  • (0)
本棚登録 : 523
レビュー : 45
  • Amazon.co.jp ・本 (95ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784391138511

作品紹介・あらすじ

忙しい朝でもムリなく作れる手軽なものから、少し手の込んだお弁当まで。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • どれもこれも美味しそうなお弁当ばかり。
    基本おかずはもちろん。作り置きのおかずも参考にしたいものがいろいろ。
    最近、飯島さん監修のうめ酢を買ったので、料理のレパートリーを増やしたい今日この頃。

  • おかずにハズレ無し。豚バラをクルクル丸めた一口カツが、お弁当にも晩御飯にも良かった。見た目だけ重視なお弁当本じゃなくて、ちゃんと美味しいお弁当本。著者が、作るのも食べるのも好きな事が伝わってくる。

  • シンプルなお弁当。
    とにかく美味しそうでお弁当でなくても普段のオカズの一品として使えそうなレシピたち。
    飯島さんが手際よくサッと作ってる様子が浮かぶ。

    鮭と卵の寿司ご飯
    レンコンと鷄挽肉炒め
    ごぼうの味噌おかか

  • フライパンだけで作るどんぶり弁当が簡単そう。

  • この人の作る料理がいつもおいしそうなので借りてみた。
    こんなお弁当作りたい

  • 参考に。

  • あまり衛生面は考慮されていないようです。
    おにぎりは手で握って作るやり方が書いてあったり、ひき肉の入った混ぜご飯を使っていたりと。

    カロリーが書いてないのも残念なところでした。

  • 売っている商品としてのお弁当は、どれも合格点のおいしさではあるけれど、母が家族のために、忙しい朝でも手間をかけて作ってくれたお弁当は、大人になっても忘れられないもの・・・この一文は心に響いた。自分が子どもの頃に母が作ってれたお弁当は、やっぱり一番美味しいと思っていたし、母の作る料理は今でも心からホッとする味。今、毎日娘に作っているお弁当、いつか娘の心にも大切な思い出として残るように、また明日から頑張りたいと思った。

  • 実際作ってみたらすごく良かった!

  • お弁当は容器におかずをぎゅうぎゅう詰める過程がいちばんすきな気がしている。

全45件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

東京生まれ。フードスタイリスト。テレビCMを中心に広告、映画などで幅広く活躍中。2005年の映画『かもめ食堂』参加をきっかけに、映画やテレビドラマのフードスタイリングも手がけるようになり、映画『東京タワー~オカンとボクと、時々、オトン』『めがね』『南極料理人』『海街diary』『真実』、ドラマ・映画『深夜食堂』、連続テレビ小説「ごちそうさん」、ドラマ「カルテット」といった話題作を担当。『LIFE』『深夜食堂の料理帖』(共著)『おいしい世界の台所』『ワインがおいしいフレンチごはん』(共著)など著書多数。

「2020年 『沢村貞子の献立 料理・飯島奈美』 で使われていた紹介文から引用しています。」

飯島奈美の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
東野 圭吾
飯島奈美
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

あしたのお弁当 (mama’s cafe books)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×