尾木ママの「叱らない」子育て論

著者 :
  • 主婦と生活社
3.67
  • (23)
  • (41)
  • (49)
  • (7)
  • (0)
本棚登録 : 327
レビュー : 48
  • Amazon.co.jp ・本 (175ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784391139990

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 尾木先生の本を始めて読みました。幼児期から中学生くらいまでの期間を対象にしてるかな。子育てのテクニックや豆知識的なことが平易な文章で記載されています。

  • 叱らない子育てを目指し読んでみたが、叱らないためにどうするかは、よくわからず。つまりは子供を思う通りにコントロールしようとしてはいけない、ということか。技術的なこととしては、とにかく一呼吸おいて、難しいけど叱りたい時に、むしろ褒める場所を見つけようと思った。

  • 叱らない!

  • 当たり前だと思うけどまあまあ面白い。

  • 一般論が多く、とても薄っぺらい印象の本だった。
    「こうやって我が子を東大に合格させた!」などの本よりは何倍も有益だと思うが。

  • 表紙が奇抜で、文章もオネエ口調の上にハートが多用されていて、ほんとにこれ教育評論家が書いた本??と突っ込みたくなる一冊です。
    けれど、これらのおかげで肩の力が抜けるというか、気負わずに読めて楽しめました。

    「夏休みの読書感想文は下手でOK」は、私が子供の頃に知っておきたかったです。
    確かに、感想文の書き方を先生から教わった記憶はありません。どう書いていいか分からなくて、泣きそうになるほど悩みながら書いた記憶があります。
    親がいろいろなことを学んでいると、子供が救われることもあるのかな。少なくとも、私はこの本で読書感想文との付き合い方を学んだので、いつか子供が感想文でつまずいたときにアドバイスができます。

  • 一般論が多く、既に知っている事の羅列が多いと感じた
    『怒鳴りたくなったら深呼吸→どうしたの?と聞く』

  • 3歳までに脳の発達が決まる、は真っ赤な嘘。今のママたちは真面目すぎる。作られた早期教育は間違ってる。子育てに手遅れはない。どうしたの?と聞くと子供が素直になる。ありがとう、ごめんなさいはママから言う。

  • 読んでみて、娘に謝りたくなりました。頭でわかっていても、ちゃんと向き合えてなかったなぁと思います。思わず泣きそうになりました。
    「怒りたくなったらまず「どうしたの?」と聞いてみる」、まだおしゃべり出来ない娘だけれど、今からしっかり話しかけてみようと思います。きっと話せないだけで意味はわかってるから。
    勉強は楽しいって、娘にも伝わるといいなぁ。その為にも私自身楽しく学び続けたいと思いました。

  • 尾木ママの本は初めて。図書館でパラパラっと見て「あなたのこどもはあなたが思っているほど可愛くない」という言葉が目に入り、気になって借りてみました。
    なかなか良かったです。
    愛とロマンが尾木ママのテーマだそうだけど、愛とロマンって本当に大事だと思う。
    名指しで他の極端な教育法をやんわりと批判したり・・・。要職に就いているからこそできることで、でも、肩書きがお飾りではない本質を大切にする方なのだろうなぁと感じた。

全48件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

一九四七年滋賀県生まれ。教育評論家、法政大学特任教授。早稲田大学卒業後、私立海城高校、東京都公立中学校教師として、二十二年間ユニークな教育を実践。二〇〇三年に法政大学キャリアデザイン学部教授に就任。一二年から法政大学教職課程センター長・教授を歴任。主宰する臨床教育研究所「虹」では、所長として子育てと教育、いじめ問題など現場に密着した調査・研究に取り組む。著書は二〇〇冊を超える。「尾木ママ」の愛称で講演活動、メディア出演など幅広く活躍中。

「2018年 『尾木ママの孫に愛される方法』 で使われていた紹介文から引用しています。」

尾木直樹の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村田 沙耶香
デールカーネギ...
西 加奈子
和田 竜
松下 幸之助
エリック=カール
三浦 しをん
天童 荒太
有効な右矢印 無効な右矢印

尾木ママの「叱らない」子育て論を本棚に登録しているひと

ツイートする
×