魔法のコンパス 道なき道の歩き方

著者 : 西野亮廣
  • 主婦と生活社 (2016年8月12日発売)
4.25
  • (108)
  • (93)
  • (36)
  • (6)
  • (0)
  • 本棚登録 :832
  • レビュー :107
  • Amazon.co.jp ・本 (334ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784391149197

作品紹介・あらすじ

キングコング西野が語る新しい仕事の広げ方とは? 型破りな実例満載! 世間からハミ出す為のビジネスヒント集。

魔法のコンパス 道なき道の歩き方の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 酒に任せた書きなぐり

    はねトびでの著者のスタンスがとても心にキた。自分のポジションに一生懸命で、それが番組のためになると信じてやりきる姿勢。結果として番組のためになったものの自分のためにならなかった部分。

    自信が無かった大学生の頃の私は、いつも誰かの真似をして生きて来ていた。振る舞い方やしゃべり方も真似をした。働き方も、常に誰かから求められる姿勢を貫いた。私がこう働くことによって周りの役に立つから、と。どれだけ自己犠牲が発生しても、不幸せでも、周りの価値観に合わせて「そうすべきだ」と考えれば、自分の感情を顧みず生きてきた。
    誰かの真似をしたり、自分が不幸せでも周りのためにと働いたり。それは本当の自分をさらけ出す勇気がなかったということだと思う。
    誰かの真似をした自分を否定される方が、本当の自分を否定されるよりよい。
    自分がしたいことをして批判されるくらいなら、周りの要求に合わせたスタンスを取った方がよい。
    どちらも他人評価本位で、自分を隠してしまっていた。そんな自分と、番組のためにと周りを引き立たせる役割をしていた西野さんが重なった。

  • 仕事について、今後の生き方について、誰と共にいるかについて、「いままでこうだった」というところから強制退場させてくれる本。

  • 思ってたより聡明でいい奴なのね

  • 本を開くまでは、この本の著者がキングコングの西野亮廣さんだとは認識してしていなかったので、冒頭から「そんなことがあったのか〜」と驚くことばかりだったけど、「変えていくこと」について、とても前向きに深く考えられていると感服。考えられていることがユニークかつクール、そして、やっぱりおもしろい。

  • 予想以上に気付きがある本でした。

  • 1801読了。ビジネス本。

    キンコン西野さんって、すごい行動力の塊みたいな方だったのですね!
    結局、行動して形に出来る人が強いと思う。そんな本でした。

    最後のまちづくりについて。経済を循環させる構想はつまりデベや大企業がグループ会社をつくって多種の事業を行うのと同じ考えなので珍しい物ではないけど、それでも形にしようとすることに魅力を感じます。
    さくさく読めて、自己啓発につながるわくわくする本でした。

  • 渋谷のハロウィンのゴミバスターズは本当にスゴイ。
    「ハロウィンなんてくだらない」「ゴミは持ち帰るべきだ」なんて評論家気取りじゃなくて「楽しくゴミ拾っちゃおうよ」って結果につなげることが本当に素晴らしい。
    結局動く人しか変えられないのだよね

  • この本を読みながら、レポート用紙2枚分書き出していた。

    一般的なビジネス本では出てこない、人との繋がりの作り方、お金の概念を変える新しい売り方などが体験談や実際の販売実績とともに解説されている。

    商品の作り方の本はよく見かけるが、お客様の元に届ける導線の作り方をここまでわかりやすく、自分が体験しているかのように思えたのは初めてだった。



    中でも心に響いたのは「自分をレアカード化する」「商品を必要なものにする」「なんで伝わってないんだろう?というときには超人たらしめる基準となる凡人が必要」ということ。

    是非、この本を見て自分のサービスについて考えて見てほしい。

    新しい切り口が見えてくるかもしれない。

  • 今回は、ほとんどピンとこず、感想を書くことすら躊躇した。だが「おわりに」がとても良かったので、思わずコメント。
     一番衝撃的だったのは「過去を変えることはできる」という言葉。未来は変えられるけど、過去なんて変えられないでしょとツッコミを入れてしまったが、たとえネガティブな過去であっても、考え方次第で過去が輝くという言葉にハッとした。失敗した所で終わるから失敗。成功するまで続ければ、失敗は全て成功のための部品になる。だから失敗なんて存在しない。
     とても心に響いたメッセージであった。失敗と思っている過去を全てこの道を作るための準備だったと思えるように努力していきたい。

  • 革命のファンファーレ(次作)が面白かったので、続けて読んでみた。

    こちらも面白かったが、次作のインパクトが強かった。

    一般人が気にしない部分や、なぜか諦めてしまうものにも問いかけ、答えが見つかれば即行動する部分はさすが。

    この問いかけ方や誰もやらない部分にチャンスがあるという発想は素直にスゴいなと思う。

    成功・失敗に関わらず、芸人という肩書に縛られず、様々なものにチャレンジする姿勢はこの問いかけから答えを導き出すところかなと思う。

    ここはぜひとも、自分も身につけたいところ。

全107件中 1 - 10件を表示

魔法のコンパス 道なき道の歩き方のその他の作品

西野亮廣の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
メンタリストDa...
恩田 陸
佐々木 圭一
村田 沙耶香
アーノルド ベネ...
宮下 奈都
有効な右矢印 無効な右矢印

魔法のコンパス 道なき道の歩き方を本棚に登録しているひと

ツイートする