脳卒中・がん・肌の老化予防から、誤えん性肺炎まで 唾液サラネバ健康法

著者 :
  • 主婦と生活社
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 9
感想 : 2
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (175ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784391152616

作品紹介・あらすじ

これからの健康の新常識!
病気を遠ざけたければ、「血液サラサラ」よりも「唾液サラネバ」です!!

みなさんにとってなじみがあり、毎日活躍している消化液の「唾液」。
じつは近年、この唾液が、脳卒中、がん、肥満、歯周病などの生活習慣病、そしてインフルエンザ、誤嚥性肺炎などの感染症予防に深く関与していることがわかってきました。身体やこころの健康を保つために、欠かせない重要な唾液の作用が次々と発見されているのです。
唾液は血液からつくられ、血液に戻り、脳を経由して全身へと移行しています。脳と血液は互いに循環しあっているのです。血液の状態が健康に直結しているのは、みなさんご存じのとおり。つまり、唾液の量と質を高めることが、病気予防への近見だったというわけです。
唾液は、唾液腺から「サラサラ唾液」と「ネバネバ唾液」の2種類が分泌されています。このサラネバ具合をちょうどよくする、18の秘策を本書にて初公開しています。
「唾液サラネバ」を合言葉に、病気知らずの体を手に入れてください!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 食べるという行為は単なる栄養吸収だけでなく噛むという行為をがあることで唾液の分泌を促します。

    唾液をツバというと汚らしいイメージもありますが、唾液は身体にとっては万能薬のようなもの。

    唾液に関してはもっと多くの人が関心を持った方がよいと思います。

    良書です。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

槻木恵一【神奈川歯科大学教授】(編者)

「2023年 『新スタンダード口腔病理学 第2版』 で使われていた紹介文から引用しています。」

槻木恵一の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×