内田彩仍さんのちょっとだけおめかし。私の暮らし―Dear,sweet home (私のカントリー別冊)

著者 :
  • 主婦と生活社
3.80
  • (35)
  • (19)
  • (47)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 211
レビュー : 15
  • Amazon.co.jp ・本 (79ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784391621921

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 著者は毎日なにげなくしてる家事。それをちょっと自分らしく、楽しんでしている、そんな印象を受けました。
    参考にしたいです☆

  • やはりあやのさん。
    大好きな本です☆

  • 内田彩乃さんの家と雑貨の写真がたくさん。
    このセンスがとてもツボです。

  • 内田さんの暮らし本第2弾。心地よい毎日を過ごすために心がけていることを紹介。全体のティストは前作と変わらずですが、一ヶ月かけて完成したクロゼットの公開と旅支度の様子が見所かな。ナチュラルな暮らしぶりは素敵だけど、前作に比べるとちょっと物足りない感じもしました。

  •  洋室にすみたい...(今の自室は和室)

  • 今大人気の内田彩仍さんのシリーズです。

    買ったころはそれほど世間は“彩仍さんっ!!”って感じではなかった気がしますが、今となってはすげー人気ですよね。
    いやー、huiも好きです♪内田さん。(個人的に同郷ってところにとても親近感を覚えています 笑)

    内田さんはバテンレース使いがほんとにうまいと思います。
    (買った当時はかなり影響されて、オフホワイトのリネンに同色の鈎針のレースとか重ねてきゃいきゃいいってました 笑)

    あと、黒のアイテムが多いのがステキ。
    内田さんの趣味は甘すぎなくて、どこかクールでとても好きです。

    部屋でもかわいいものが着たい!!っていってて、「あたしも〜!!!!!」って叫んでました 笑

  • 第二弾! 前作に似ているかな〜って思いつつ結局買った一冊。

  • シンプルで丁寧な過ごし方に憧れます。
    内田さんは女性らしくてかわいらしさが漂ってる。
    ひっそり真似して、私も豊かな時間を過ごしたいなぁ。

  • 内田さんの本二冊目〜。最初の一冊がとても印象がよくすぐこの本を読んでみました。今回はプチ旅行の辺りがとっても参考になったの。こんな穏やかな一人旅に憧れる〜。

  • 内田式のラッピング方法だとか、ちょっとしたリメイクだとか、とっても私には+になる本で、普通の暮らしに刺激を与えてくれるような一冊となりました。ひとつひとつの物に対し、大切に丁寧にされているなと改めて感じました。もっと色々な角度からの内田さんを見ていきたいなと思いました。

全15件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

福岡県に夫と愛猫クリムと暮らす。丁寧な暮らしぶり、センスある着こなしが雑誌などで人気を集める。著書に『季節の暮らしと服支度』(主婦と生活社刊)、『暮らしのつなぎ方』(宝島社刊)などがある。

「2018年 『いとおしむ暮らし』 で使われていた紹介文から引用しています。」

内田彩仍の作品

内田彩仍さんのちょっとだけおめかし。私の暮らし―Dear,sweet home (私のカントリー別冊)を本棚に登録しているひと

ツイートする