おうちのじかん―毎日をとっておきの1週間にするために、私がしている (別冊美しい部屋)

著者 :
  • 主婦と生活社
3.75
  • (40)
  • (30)
  • (66)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 290
レビュー : 27
  • Amazon.co.jp ・本 (87ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784391624465

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 家にいるのが好きなので、こういう暮しもあるんだなぁって
    ゆったり気分で読みました。

    同じ暮らしがしたいのではなく、いろんな過ごし方を
    みられるのは素敵なことだと感じているので楽しめます。

    自分にとって心地よい暮らしは大切ですね。

  • 内田さんはきっかけをくれた人です。
    同じ方向の趣味じゃないけど、同じ考えの暮らしをしようと思いました。
    モノを大事にするようにもなりました。ひとつひとつ愛着があります。
    よく考えてから1番良いと思うモノを買うようにもなりました。
    うちにもアメショーがいるので、気持ちが重なります。

  • 一日はとっても早くて、起きて仕事をして帰ってきてちょっと休憩してごはんを食べたら、もう終わって次の一日が来てしまうから
    大事にするには、ちゃんと意識しなくちゃならないなって思います。

    毎日をとっても丁寧に過ごす様子がわかる本で、何度開いても憧れる。

  • 予約購入しました。
    日々の細かな家事を大切に思う気持ちを、じんわりと伝えてくれる大切な本です(*^-^*)

  • 毎日を丁寧に暮らしたくなる本です。

  • 内田彩仍さんのライフスタイルが大好き。
    自分の生活にも取り入れようと何度も読んでる。

  • 伊藤まさこさんの「まいにちつかうもの」と同時読み。
    内田さんは衣というかファブリック系の記述が多いなと思う。ささっと読むと聞いたことがあるようなブランドが多くて、これらを買い揃えるなら私にもできそう!という錯覚を持たせるけど、残念なインテリアにならないようにするためには相当のセンスを必要としそうな気がする。

  • 内田さんの毎日の丁寧な暮らしぶりが伝わってきます。
    ただ、私は実践できないかなぁ…(笑)

  • 内田さんの暮らし。
    とっても丁寧な毎日が憧れ。
    参考にしたいことなかり。
    内田さんの本はどれも好き☆

  • 内田彩乃さんの家と雑貨の写真がたくさん。
    日常の作業も好きなものに囲まれて丁寧に暮らすと気持ちいいだろうなー。
    このセンスがとてもツボです。

全27件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

福岡県に夫と愛猫クリムと暮らす。丁寧な暮らしぶり、センスある着こなしが雑誌などで人気を集める。著書に『季節の暮らしと服支度』(主婦と生活社刊)、『暮らしのつなぎ方』(宝島社刊)などがある。

「2018年 『いとおしむ暮らし』 で使われていた紹介文から引用しています。」

内田彩仍の作品

おうちのじかん―毎日をとっておきの1週間にするために、私がしている (別冊美しい部屋)を本棚に登録しているひと

ツイートする