まいにち食べたい“ごはんのような”シフォンケーキの本

  • 主婦と生活社
4.11
  • (42)
  • (42)
  • (26)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 444
レビュー : 38
  • Amazon.co.jp ・本 (88ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784391626216

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 最初に基本のシフォンということで4種類、豆乳、レモン、チョコレート、バナナのシフォンケーキがたくさんの写真とともに作り方が丁寧に書かれています。

    あとはバリエーション(「おばあちゃんのいちごシフォン」が美味しそう)、余ったシフォンケーキの発展レシピ、そしてシフォン生地のケーキ(かすてらがおいしそう)。

  • 見やすくて、丁寧なレシピ。
    変わり種も多いので、楽しみになる。

  • 2009.05.13 に購入。
    鶴岡の「Sweet みぃさん」のシフォンが私の転居で容易に食せなくなったので
    自分で作ってみるか・・と思い購入した本です。
    今どきはwebを探せばいくらでも素敵なレシピ達に出会えるのですが、
    「ごはんのように毎日食せるシフォン」というコピーに惹かれ材料を見れば
    本当にそうかもしれないなぁという材料、写真も含めた製作手順のわかりやすさに加え、
    懐かしさと清潔感に満ちた厨房と
    著者の人相と佇まいに(新潟出身の方なのですね)GOサイン。
    LIFEの飯島さんと共通する
    「何気ない部分を、ていねいに、大事に、リラックスして」というメッセージががこの本にはあるような予感がします。





著者プロフィール

なかしま しほ
1972年新潟県生まれ。レコード会社、出版社勤務を経て、ベトナム料理店、オーガニックレストランでの経験を重ねたのち、料理家に。2006年「foodmood(フードムード)」の名で、体にやさしい素材を使って作るお菓子の工房をスタート。各種イベント、ワークショップなどで活躍中。
著書に『まいにち食べたい“ごはんのような”シフォンケーキの本』『まいにち食べたい“ごはんのような”クッキーとビスケットの本』『まいにち食べたい“ごはんのような”ケーキとマフィンの本』『まいにち食べたい“ごはんのような”クッキーとクラッカーの本』(すべて主婦と生活社刊)、『みんなのおやつ ちいさなレシピを33』(ほぼ日刊)、『おやつですよ』(文藝春秋刊)など。

なかしましほの作品

ツイートする